Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

外部キー Vault の使用

  • 更新済み: 6/25/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

外部キー Vault の使用

Automation 360 プラットフォームは、サード パーティのキー Vault テクノロジーである CyberArk、AWS Secrets Manager、Azure Key Vault などと統合できます。

サード パーティのキー Vault の統合

Automation 360 は、CyberArk、AWS Secrets Manager、Azure Key Vault など、サード パーティのキー Vault テクノロジーとの統合を実現します。サード パーティのキー Vault との統合を設定すると、これは外部キー Vault と呼ばれます。

データベース接続、Active Directory 統合、Simple Mail Transport Protocol (SMTP) などのサービス用のプラットフォームで使用される資格情報は、統合された外部キー Vault から取得するように設定できます。

さらに、RPA (Bots) で使用される自動ログイン資格情報と資格情報も、統合キー Vault から取得するように設定できます。

Control Room の構成オプションについては、外部キー Vault 構成の編集 を参照してください。

フィードバックを送る