Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

HA/DR サポート搭載の分散アーキテクチャ

  • 更新済み: 1/25/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

HA/DR サポート搭載の分散アーキテクチャ

顧客の環境内で自己完結する Automation Anywhere Enterprise プラットフォームは、別のネットワークでセキュリティ侵害が発生した場合には、"クロス コンタミネーション" のリスクを軽減します。

Automation Anywhere Enterprise は分散アーキテクチャをサポートし、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供します。以下は高可用性 (HA) を実現するためにクラスター化される、Control Room の主な配布可能コンポーネントです。

図 1. 分散モード

高可用性 (HA) 導入モデル

分散キャッシュ

Control Room アーキテクチャは分散キャッシュを使用して、いずれかのノードの情報が更新されると他のすべてのノードをすぐに更新します。これにより、すべてのノードで最速のデータ同期を保証し、シームレスなユーザー エクスペリエンスが実現します。Automation Anywhere Enterprise プラットフォームは、クラスタリング メカニズムを使用して分散キャッシュを実装し、すべてのデータ操作を同期します。たとえば、1 つのノードから Credential Vault を開くと、他のすべてのノードでも自動的に開きます。

フィードバックを送る