Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

資格情報ストレージ

  • 更新済み: 2/03/2020
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

資格情報ストレージ

すべての機密データは、AES-256 暗号化を使用してCredential Vaultに格納されています。

これらの資格情報は、NIST SC-28 に準拠し、資格情報への不正アクセスや漏えいを防ぐため、Credential Vaultサービスによって暗号化されています。暗号化された資格情報のみが Control Room からデータベース サーバーへと移動し、暗号化を行った元のデータベースに格納されます。データ暗号化キーは、FIPS 140-2 レベル 1 検証モジュールによって生成された AES 256 ビット キーを使用してすべての資格情報を暗号化し、認証メカニズムの実装に関する NIST IA-7、SC-12 および 13 の要件や、適用される連邦法の要件を満たす暗号化モジュールに準拠します。

Bot Runner への自動ログイン用の Active Directory ユーザー資格情報のデータも暗号化され、bot の資格情報と一緒に、Credential Vault にて安全に格納されます。

フィードバックを送る