Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Credential Vault 暗号化

  • 更新済み: 8/26/2019
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Credential Vault 暗号化

Automation Anywhere Control Room インストールでは、マスター キーとデータ暗号化キーが生成されます。

Automation Anywhere Control Room インストールでは、次の 2 つのキーが生成されます。

マスター キー
この RSA-2048 ビット キーは、システムの外部の管理者によって管理されます。このキーは Credential Vault のロックを解除します。管理者は、Control Room が起動するたびにマスター キーを入力します。コンテナが開くと、マスター キーは直ちにメモリから消去され、Automation Anywhere Enterprise 製品内のどこにも保存されません。
データ暗号化キー
この AES-256 ビット キーは、Control Room データベースに格納され、ストレージまたはプロビジョニング時に資格情報を暗号化および復号化するために使用されます。このキーは、マスター キーを使用して暗号化されます。データ暗号化キーは、常に Credential Vault を離れません。資格情報の暗号化と復号化は、Credential Vault で行われます。
フィードバックを送る