Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

動的アクセス トークンによる Bot 実行アクセス

  • 更新済み: 8/26/2019
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

動的アクセス トークンによる Bot 実行アクセス

Control Room は、NIST SC-11 に従って Bot Creators および Bot Runner の登録と認証を行うための信頼できるパスを実装および適用し、不正なbotの実行の試みから保護します。

Control Room は、Control Room によって署名され、HTTPS を介して Bot CreatorBot Runners に送信される、新しいクライアント アクセス トークン、または識別子を発行します。それ以降の Control RoomBot Creator または Bot Runner 間のすべての通信は、Bot Creator または Bot Runner によって送信された最新のアクセス トークンの署名を検証した後にのみ、Control Room によって提供されます。各アクセス トークンは、すべての Bot Creator/Bot Runner に固有です。これにより、承認されていないユーザーがエンタープライズ セキュリティをバイパスし、システムにアクセスできた場合でも、Control Room セキュリティは損害を制限します。

フィードバックを送る