Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 V.21 Community Edition リリース ノート

  • 更新済み: 6/09/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Automation 360 V.21 Community Edition リリース ノート

リリース日: 2021 年 6 月 2 日

Automation 360 v.21 (Build 9604) リリースの Community Edition で新機能を確認してください。

RPA Workspace

Bot agent update: このリリースには、Bot Agent に必要な更新が含まれています。前のリリースからこのリリースへアップグレードする際、オートメーション アクティビティを続行するために必ず更新を完了させてください。

Bot Agent を自動更新 | 手動での Bot Agentの更新

この Automation 360 リリースと互換性のある Bot Agent バージョンを確認するには、Automation 360 構築との互換性 を参照してください。

新機能
Automation 360 ナビゲーションの機能強化

Automation 360 インターフェースの全体的な読みやすさとアクセシビリティを強化しました。ナビゲーションが容易になるように、メニューとビューは頻繁に使用される機能と関連タスクに基づいて編成されています。

インターフェースには、次の更新が含まれています。

  • [デバイス]、[プロファイル]、および [ヘルプ] アイコンがナビゲーション メニューの下部に配置され、すべてのコントロールが左側に統合されて簡単にアクセスできるようになりました。

    これらのアイコンをクリックすると、コンテンツとアクションのフライアウト パネルが表示されます。

  • サイド ナビゲーション メニューを折りたたんでスリム バーにすることで、メインのワークスペース領域を最大化できます。

    各セクションにフライアウトがあるので、サイド ナビゲーションを折りたたんだまま使用できます。

Automation 360 navigation updates

マルチユーザー Windows ターミナル サーバーにワークロード オートメーションを展開する

ワークロード オートメーションとマルチユーザー デバイスを最適化するために、マルチユーザー Windows ターミナル サーバーにワークロード オートメーションを展開して、1 つのデバイスで複数の作業項目を同時に処理できます。

マルチユーザー デバイスについて | デバイス プールの概要

ファイル パッケージの新しいアクション

次の新しいアクションを使用できます:

  • [名前を取得]: ファイル名を読み取って、文字列に保存します。
  • [パスを取得]: ファイルのパスを読み取って、文字列に保存します。

ファイル パッケージ

データベース パッケージでサポートされている共通テーブル式

Oracle や MySQL などの SQL 準拠データベースで WITH キーワードを使用し、[読み取り] アクションで共通テーブル式 (CTE) を使用できるようになりました。SQL クエリ内で CTE ステートメントを使用すれば、複雑な結合やサブクエリを単純化できます。

[読み取り対象] アクションの使用

Number パッケージでの大きな数値のサポート (Service Cloud ケース ID:00557619)

Number パッケージで、大きな数値の数学演算をより正確に実行できるようになりました。

Number パッケージ

OBDC ドライバーを使用した Snowflake データベースのサポート (Service Cloud ケース ID:00761695)

データベース パッケージで、Snowflake OBDC ドライバーがサポートされるようになりました。ODBC ベースのクライアント アプリケーションを使用して、Snowflake データベースに接続できます。

次の アクション がこの機能をサポートします。

  • 接続
  • 接続解除
  • 読み取る
  • データ テーブルにエクスポート
  • 挿入/更新/削除
変数: 新機能と機能強化 (Service Cloud ケース ID:00740585)
  • 変数の作成後に変数名を編集する。
  • Bot から、すべてまたは特定の未使用変数を削除する。
ユニバーサル レコーダー の新機能と機能強化
  • Electron フレームワーク上に構築されたアプリケーションでオブジェクトのインタラクションを記録する。
  • サポートされているすべてのアプリケーションとブラウザでダブルクリックを実行する。
資格情報属性の使用をパスワード フィールドのみに制限する (Service Cloud ケース ID:00740585)

資格情報属性を作成または編集する場合は、[この属性をパスワードとして設定] オプションを選択して、パスワード フィールドとして識別されたフィールドのみに Bot が属性値を入力するようにしてください。

出力変数のデフォルト名

エラー ハンドラー および Python スクリプト パッケージアクションの出力変数を設定すると、Control Room はわかりやすいデフォルト変数名を自動的に生成します。アクションに対して複数の出力変数を作成すると、変数名の競合を回避するために後続の変数名に -1-2-3 などが付加されます。

ネストされた変数をサポートするための新しい文字列アクション

文字列 > 評価値 アクションを使用して、ユーザーが指定した文字列変数と Bot 内の文字列変数を比較します。一致する変数が見つかった場合、アクション は一致する変数の値を返します。

文字列 パッケージ

グローバル値の削除

AAE_Admin ロールを持つユーザーは、[すべてのグローバル値] ページからグローバル値を削除できます。

グローバル値

すべての接続文字列での ODBC ドライバーのサポート

Open Database Connectivity (ODBC) ドライバーは、Enterprise 11.x バージョンで使用していたのと同じ方法で、すべての ODBC 接続文字列をサポートできるようになりました。データにアクセスして管理するための標準として SQL を使用すると、ODBC ドライバーを使用して MySQL、Google BigQuery、Snowflake、およびその他のデータベースに接続できます。

DLL セッションの共有

Bot 間で DLL セッションを共有できるようになりました。

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)

新機能
初期フォームまたはタスクにあるファイルをブラウザでダウンロード、削除、または表示する

ユーザーは、[ファイルを選択] 要素を使用して、初期フォームまたはタスクにアップロードしたファイルをダウンロードできるようになりました。また、ファイルを削除したり、ハイパーリンク ファイルにアクセスしてブラウザ内でファイルを表示したりすることもできます。アップロードしたファイルにはハイパーリンクからアクセスできます。また、ダウンロードおよび削除用の新しいアイコンを使用できます。

チーム ロールの機能強化

AARI のチームは、次の 3 つのロールで構成されています。

  • メンバー: 独自のリクエストを作成、表示、削除できます。メンバーが非公開チームでリクエストを作成すると、すべてのタスクが自動的にメンバーに割り当てられます。共有チームでは、メンバーは他のメンバーにタスクを割り当てることができます。
  • 所有者: チームのメンバーからのすべてのリクエストを作成、表示、削除、および割り当てることができます。
  • 管理者チームのメンバーからのすべてのリクエストを作成、表示、削除、および割り当てることができます。管理者はチームに変更を加えることもできます。

AARI 管理者またはマネージャーは、チームを編集したり、チーム メンバーのロールを更新したりできます。また、チーム メンバーの追加や削除も可能です。AARI マネージャーは、チームを作成したときに、デフォルトでチーム管理者になります。

タスクの [自分に割り当て] 機能

未割当のタスクにユーザーがアクセスする場合は、[自分に割り当て] オプションを使用して、すぐにフォームにアクセスできるように現在のユーザーにタスクを割り当てます。

タスクの割り当て

新しい Bot ページ

Attended Bot Runner ライセンスを持つ AARI チーム メンバーが Web インターフェースにアクセスすると、これらのメンバーは自動的に AARI Assistant にリダイレクトされます。ユーザーは、自分が作成したすべての Bot をこのページで表示できます。また、割り当てられた Bot のピン留め、検索、並べ替えもできます。

[リクエスト] ページと [プロセス] ページの新しいチーム参照

ユーザーは、[リクエスト] ページの新しい [チーム] 列や、[プロセス] ページのプロセス タイルに追加されたチーム名を参照することで、リクエストの作成元となるチームを参照してチームの割り当てを行うことができるようになりました。

新しい [リクエストの可視性] フィールド (Service Cloud ケース ID: 00718119)

リクエストの可視性により、ユーザーは他のチーム メンバーに対して、自分が作成したリクエストへのアクセスを許可または制限することができます。[リクエストの可視性] フィールドが [共有しました] に設定されている場合は、すべてのメンバー、所有者、およびチーム管理者がすべてのリクエストにアクセスできます。フィールドが [非公開] に設定されている場合、リクエストには、リクエストを作成したユーザー、所有者、およびチーム管理者のみがアクセスできます。

[プロセス] ページの機能強化

[プロセス] ページでは、次の機能強化を利用できます。

  • プロセスを名前を基準にして昇順または降順で並べ替える。
  • プロセスのピン留めを切り替える。
  • レスポンシブ ビューを使用して、表示を画面サイズに合うように調整する。
Attended Bot RunnerAARI Assistant

AARI Assistant アプリケーションを使用すると、Attended Bot Runner ライセンスを持っているユーザーは、Control Room にログインせずに Bot にアクセスできます。

AARI Assistant について

ヘッダー行のコンテキスト メニューからの行の追加

ヘッダー行は、Bot の実行時にテーブルを持つフォームが起動された場合にのみ表示されます。テーブルに新しい行を追加するには、次のいずれかの方法を使用します。

Discovery Bot

新機能
[プロセス] ページのプロセス タイルの並べ替え

ソート フィールドを使用して、プロセス タイルをすばやく見つけることができるようになりました。[プロセス] ページのドロップダウン メニューを使用して、プロセス名に基づいてプロセス タイルをアルファベット順に並べ替えます。または、最新のプロセスから最も古いプロセスの順に並べ替えたり、その逆で並べ替えたりすることもできます。

Discovery Bot プロセスの作成

オポチュニティの機能強化

自動的に生成された (またはシステムによって生成された) オポチュニティを [オポチュニティ] ページからすぐに確認して分析できるようになりました。自動生成オポチュニティは、ユーザーが 2 つ以上の記録を承認すると作成されます。自動生成オポチュニティからカスタム オポチュニティを作成し、[モデル] および [フィルタ] オプションを適用して、特定のオポチュニティをオートメーションの対象にすることができます。

単純な式に基づいて、プロセス内のすべての記録のオポチュニティの優先順位を設定できるようになりました。[オポチュニティ] テーブルで、オポチュニティのオートメーションなしでのコストと節約額を確認できます。システムは、生成された各オポチュニティのコストと潜在的節約を自動的に計算します。コストと節約額に関する組織のモデルに基づいて、これらの指標をカスタマイズできます。

案件を見直し、Bot に変換する

生成された PDD ファイルはローカル サーバーで使用可能

オポチュニティの生成された PDD ファイルが、オンプレミス 導入のためにサーバーにローカルで保存されるようになりました。既存の PDD ファイルは自動的に新しい場所に移動され、Control Room で再インストールまたはアップグレードを実行しても削除されません。

Discovery Bot の前提条件

フィードバックを送る