Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Community Edition A2019.20 リリース ノート

  • 更新済み: 4/21/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Community Edition A2019.20 リリース ノート

リリース日: 2021 年 4 月 14 日

Community Edition A2019.20 リリース (Build 8846) の新機能について説明します。

Community Edition

Bot agent update: このリリースには、Bot Agent に必要な更新が含まれています。前のリリースからこのリリースへアップグレードする際、オートメーション アクティビティを続行するために必ず更新を完了させてください。

Bot Agent を自動更新 | 手動での Bot Agentの更新

この Automation 360 リリースと互換性のある Bot Agent バージョンを確認するには、Automation 360 構築との互換性 を参照してください。

最新情報
SAP BAPI を使用した SAP 関連のタスクの自動化

SAP BAPI パッケージで使用可能なアクションを使用して、SAP BAPI を使用している SAP 関連のタスクを自動化します。

SAP BAPI パッケージ

出力変数のデフォルト名

次のパッケージの出力変数を設定するときに、Control Room はわかりやすいデフォルト変数名を表示します。複数の出力変数を作成すると、重複を避けるために、後続の変数名に -1-2-3 などが追加されます。

  • ブラウザ
  • CSV/TXT
  • E メール
  • Excel の高度な操作
  • JavaScript
  • ループ
  • レコーダー
  • VBScript
  • ウィンドウ
空白ページでの PDF 分割で、スキャンした画像ドキュメントをサポート (Service Cloud ケース ID: 00683923)

PDF の [分割] アクションを使用して、スキャンした画像があるページから空白ページを分離します。ピクセルベースの分割では、[ドキュメントを分割] を使用して、スキャンした (画像ベースの) ドキュメントの空白ページ セパレータのある PDF を分割できるようになりました。

SMTP ポートの範囲がポート 1 ~ 65535 を含むように拡張

E メール パッケージは、SMTP サーバーに対して 1 ~ 65535 の範囲のポートをサポートするようになりました。SMTP ポートをこの範囲で構成することにより、E メール [送信] アクションを使用できます。

Active Directory パッケージでの新しいアクション
  • アカウント オプションを更新: ユーザーのアカウント属性を設定します。
  • ユーザーのパスワードを変更: このオプションを使用して、ユーザーのパスワードを変更します。

ユーザー アカウントの操作

Active Directory パッケージでの [ユーザーを作成] アクションの機能強化

[ユーザーを作成] アクションを使用して、パスワードを持つ Active Directory ユーザーを作成できるようになりました。

[ユーザーを作成] アクションの使用

ユニバーサル レコーダーの拡張されたサポートと新機能

ユニバーサル レコーダー を使用して以下を実行できます。

  • Compass などの Oracle EBS アプリケーションのドロップダウン リストとコンボ ボックスでのクリックとデータ取得を自動化する。
  • Bot が確実に識別できないオブジェクトを、Bot が見つけやすい近くのオブジェクト (リンクやボタンなど) にリンクする。この機能は、MSAA、UI Automation、または Java アプリケーションで使用します。
変数名での新しい言語のサポート

チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、スペイン語、およびスウェーデン語の文字を変数名で使用できるようになりました。

変数でサポートされる Unicode 範囲

Bot を検索して親 Bot に追加する

パブリック ワークスペースとプライベート ワークスペースで子 Bot を検索して、親 Bot に追加します。Bot エディター、および TaskBot パッケージの [実行] アクションで子 Bot を検索できます。

[実行] アクションを使用する | Bot の作成に使用する Bot エディター

Botを展開したユーザーに関する情報の取得

AATaskInvoker システム変数を使用して、Bot を実行またはスケジュールしたユーザーのユーザー名、名、姓、および E メールを返します。Bot が Attended Bot Runner に展開されている場合、この変数はログインしたユーザーに関する情報を返します。Bot がトリガーによって展開されている場合、この変数はトリガーを設定したユーザーに関する情報を返します。

システム設定およびパラメーター

If パッケージの新しい条件 (Service Cloud ケース ID: 00536088、00690073、00717514、00737243、00702383)

同じタイトルのウィンドウが存在するか、またはウィンドウのタイトルが変更されたかどうかを確認するには、If パッケージで使用可能な新しい [同じタイトルのウィンドウは存在しません] または [同じタイトルのウィンドウが存在します] 条件を使用します。

If パッケージ

Google パッケージの一般入手可能

Google カレンダーGoogle ドライブGoogle シート パッケージは、Automation 360 で一般入手が可能になり、次の新しいアクションが含まれています。

  • Google シート パッケージデータ テーブルから書き込み および 行/列を挿入 アクション
  • 各 Google パッケージには、パッケージから他のアクションをオートメーションに追加する前にアカウントを認証するための [接続] アクションが含まれています。このアクションは、G-Apps パッケージで廃止された Oauth アクションを置き換えるものです。
  • 各 Google パッケージには接続を終了するための [接続解除] アクションが含まれています。

Google パッケージの接続アクションの使用

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)

最新情報
ストレージ ファイルを取得アクション

AARI Web パッケージの新しい [ストレージ ファイルを取得] アクションを使用して、ストレージ ファイルを Bot デバイスにダウンロードできます。

AARI Web パッケージ

初期フォームまたはタスクでのファイルのアップロード

[ファイルを選択] 要素をフォームに追加して、ユーザーが Web インターフェース上の初期フォームまたはタスク内で、ファイルを選択してアップロードできるようにします。ユーザーは、参照して新しいファイルをアップロードすることも、既存のファイルを置き換えることもできます。アップロードしたファイルはハイパーリンクとして表示され、そのリンクを開いたユーザーを新しいタブにリダイレクトします。

Automation Anywhere Robotic Interface プロセス

初期フォームまたはタスクのハイパーリンクのサポート

新しい [ハイパーリンク] 要素を使用して、フォームにリンクを追加し、初期フォームやタスクでそれらにアクセスします。

Automation Anywhere Robotic Interface プロセス

各プロセスのスケジューラー ユーザーの設定 (Service Cloud ケース ID: 00713786)

AARI 管理者は、各プロセスのスケジューラー ユーザーを設定して、Web インターフェースに Control Room リソース (デバイス、および Unattended Bot Runner) を割り当てられるようになりました。デフォルトでは、スケジューラー ユーザーが設定されていないプロセスには、[グローバル スケジューラー] ユーザーが選択されます。

Web 上の AARI デバイス プールの構成

ヒューマン タスクのプロパティ パネルの更新 (Service Cloud ケース ID: 00718109)

Bot Creator は、[プロパティ] パネルの [フォームを読み取り専用にする] チェックボックスをオンにすることで、ヒューマン タスクにアクションを構成しないことを選択できます。このヒューマン タスクは入力を必要とせず、自動的に実行され、次のタスクに進みます。

任意のページを Web 上の AARI のランディング ページとしてブックマークする

Web インターフェースが新しい複数ページ システムに拡張され、任意のページ ([リクエスト]、[タスク]、または [ごみ箱]) をランディング ページとして直接ブックマークできるようになりました。また、Web インターフェースのタブが削除され、リクエストが同時にではなく一度に 1 つずつ開かれるようになりました。複数のタスクを実行する際には、異なるブラウザ タブでリクエスト ページを開くことができます。

Web 上の AARI のナビゲーション機能強化

サイド ナビゲーション ペインの追加により Web インターフェースが機能強化され、さまざまなページ ([プロセス]、[リクエスト]、[ごみ箱]、および [タスク]) に簡単に移動できるようになりました。

新しい [プロセス] ページ (Service Cloud ケース ID: 00694786)

AARI ユーザーは、割り当てられたプロセスに移動して、Web インターフェースの新しい [プロセス] ページを使用して新しいリクエストを作成します。ナビゲーション バーを使用して、ページにすばやくアクセスします。

[ボタン] 要素の強化
  • [このフォームが最初にロードされる時、ボタンのクリックを禁止する] オプションを使用することで、このフォームが Bot 実行時に最初に表示されたときに、[ボタン] 要素を無効にできます。
  • Bot の実行時にボタン要素をリンクとして表示する場合は、[ボタンのタイプ] ドロップダウン メニューの [繊細] オプションを使用します。

ボタン要素の使用

フォーム ロゴの機能強化

[フッターのロゴ] フィールド オプションを使用して、Bot の実行時にフォームのフッターに表示されるロゴを 2 つまで選択できるようになりました。

フォームの作成

Discovery Bot

最新情報
[プロセス] ページからのビジネス プロセスの検索

検索フィールドで、特定のプロセスを名前で検索できるようになりました。このフィールドでは大文字と小文字が区別されません。検索フィールドは、[プロセス] ページから利用できます。

Discovery Bot プロセスの作成

キャプチャしたすべての画像をスクリーンショットのモーダル ウィンドウで表示する

モーダル ウィンドウでフル サイズの画像をクリックすることで、キャプチャしたすべてのスクリーンショットをナビゲートできるようになりました。画像の下にあるページネーションをクリックしてステップ番号を選択するか、右矢印または左矢印を使用して、キャプチャしたすべての画像をすばやく表示します。

Discovery Bot ビジネスプロセスの記録

デフォルト パッケージに含まれるプロセス ディスカバリー パッケージ

プロセス ディスカバリー パッケージは、デフォルト パッケージに含まれるようになりました。デバイスに接続したときに、デフォルト パッケージをプリロードできます。このパッケージをプリロードすると、プロセスの記録を初めて開始するときに、レコーダーの起動時間を短縮できます

Discovery Bot の前提条件

レコーダーの機能強化

ビジネス プロセスの記録中に、ダブルクリック、ドラッグ ドロップ、クリックして長押し、テキスト選択などのアクションを実行できるようになりました。キーボード ストロークを使用して実行したアクションが、[データ] フィールドに表示されます。ダブルクリックはレコーダーによってキャプチャされ、[記録] ページのスクリーンショットに表示されます。

注: Discovery Bot レコーダーは、ドラッグ ドロップおよびクリックして長押しアクションを [記録] ページからキャプチャしません。記録中に実行されたこれらのアクションを含めるには、アナリストの [ステップの説明] テキスト フィールドに個々のステップを記録します。

Discovery Bot ビジネスプロセスの記録

IQ Bot

既知の制限事項
IQ Bot では IPv6 アドレスはサポートされていないため、IPv4 アドレスのみを使用する必要があります。

Bot Insight

最新情報
Power BI コネクターからオペレーション API への AAE_Admin ロール アクセス

Power BI コネクターは、botrundata オペレーション API への [AAE_Admin] ユーザー ロール アクセスを提供するようになりました。このロールを使用し、botrundata API に接続して運用指標を抽出し、Power BI 内で分析および視覚化できます。

公開 (本番環境) ダッシュボードの機能強化

[AAE_Bot Insight Admin] および [AAE_Bot Insight Expert] ロールを持つユーザーは、公開済みダッシュボードを編集できるようになりました。[名前を付けて保存] オプションを使用して、本番環境ダッシュボードをカスタム本番環境ダッシュボードとして保存し、カスタム ダッシュボードにウィジェット追加できます。また、デフォルトの本番環境ダッシュボードとカスタム本番環境ダッシュボードを削除することもできます。

公開されたダッシュボードの保存 | 公開されたダッシュボードの削除

重要: サポートされているパッケージの情報は、次のトピックに移動されました: Control Room で利用可能なパッケージのバージョンの表示
フィードバックを送る