Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise A2019 (Build 2094) リリースノート

  • 更新済み: 8/16/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace
    • リリース ノート

Enterprise A2019 (Build 2094) リリースノート

これらのリリース ノートでは、 Enterprise A2019 (Build 2094) で導入された新機能、変更された機能、修正された機能、セキュリティ上の修正、廃止予定の機能、既知の制限事項について説明します。

この Automation 360 リリースと互換性のある Bot agent バージョンを確認するには、Automation 360 構築との互換性 を参照してください。

Enterprise A2019 Build 2094

Build 2094 には次のためのアップデートが含まれています。

Build 2094 の新機能

機能 説明
移行 Enterprise 11.3.x TaskBots を Enterprise A2019 に移行します。
  • Bot Scanner (以前はプレ移行ユーティリティと呼ばれていた) を実行し、Enterprise 11.x bot (現在は 11.3.1、11.3.2 および 11.3.2.x バージョンのみがサポートされている) を Enterprise A2019 に移行できるかどうかを分析します。このユーティリティは HTML 形式の概要レポート、ならびに各 bot に対して別のレポートを XML 形式で作成します。

    Bot Scannerの概要

  • 単一ユーザーとして実行し、TaskBots との依存関係を持つ複数の TaskBots を移行します。

    Enterprise bots への移行

  • bot の移行処理の一環として、以前に移行した TaskBotsbot の選択ページで特定し、移行を完了させる前に依存関係を持つ TaskBots のリストをプレビューできます。

    Enterprise bots への移行

  • bot の移行状況を分析し、移行された bot やその依存関係でサポートされていないコマンドや属性を特定します。

    移行レポートを表示

  • パッケージと変数の追加サポートが提供されます。

    移行用のパッケージ マッピング

SAML 2.0 認証済み環境の Control Room データベースを SAML ID プロバイダー (IDP) に切り替えます。

SAML 認証の設定

Bot Deploy API Bot Deploy API が /automations/deploy を含むようになり、Bot 導入環境向け runAs user 機能をサポートするよう導入されました。
  • Bot Deploy API は、Enterprise パブリック アカウントでのみ使用でき、Community Edition では使用できません。
  • この API は、Control Room とコールバック サーバーの両方が同じネットワーク上にある環境でコールバック URL をサポートします。
Geo Presence Geo Presence は、顧客ネットワーク上でユーザーや Cloud Control Room と安全に通信するための、マルチテナント型で安全かつスケーラブルな Bot Runners が強化された機能です。
Exchange Web Services のサポート E メール Actionsに含まれるpackageによってユーザーは、Exchange Web Services (EWS) を使用して E メール関連の操作を自動化できます。

Email package

インデックスまたはキー値の代わりとなる変数

データ テーブル、ディクショナリ、リスト、記録タイプの変数は、インデックスおよびキー値を変数として表すことができます。

変数型

bot をコピー bot のコピー機能では、キャプチャした画像、記録したオブジェクト、コールしたファイル、子 bot など、元の bots のメタデータを維持します。

bot のコピー

セル、列、行の位置を取得する Excel actions

ユーザーは、次の actions を実行して Excel シートの位置情報を取得し、変数に保存できます。

レコーダーの強化 ユーザーは、レコーダーの実行中に最近キャプチャしたオブジェクトを削除できます。

サポートされているパッケージ

パッケージ バージョン
ノード マネージャー 1.0.1891
アプリケーション 2.0.0-20191223-210256
Boolean 2.0.0-20191223-210258
ブラウザ 2.0.0-20191223-210259
クリップボード 2.0.0-20191223-210308
コメント 2.0.0-20191223-210309
CSV/TXT 2.0.0-20191223-210310
データベース 2.0.0-20191223-210312
データ テーブル 2.0.0-20191223-210802
日時 2.0.0-20191223-210316
遅延 2.1.0-20191223-210318
ディクショナリ 2.0.0-20191223-210318
DLL 2.0.0-20191223-210742
メール 2.0.0-20200114-060001
エラー ハンドラー 2.0.0-20191223-210326
Excel 2.0.0-20200107-140225
Excel_MS 2.0.0-20200107-140116
ファイル 2.0.0-20200114-060009
フォルダー 2.0.0-20200114-060012
FTP/SFTP 2.0.0-20191223-210334
If/Else 2.0.0-20191223-210336
IR 2.0.0-20191223-210339
IQ Bot 2.0.0-20191031-150538
JavaScript 2.0.0-20191223-210345
キーボード操作 2.0.0-20191223-210348
リスト 2.0.0-20191223-210350
LogToFile 2.0.0-20191223-210350
ループ 2.0.0-20191223-210352
MessageBox 2.0.0-20191223-210352
移行 1.1.0-20200111-070201
マウス 2.0.0-20191223-210355
数字 2.0.0-20191223-210402
OCR 2.1.0-20191223-210525
Office 365 Excel 2.0.0-20191231-170605
Office 365 カレンダー 2.0.0-20191231-170422
Office 365 OneDrive 2.0.0-20191231-170612
PDF 2.1.0-20191223-210631
PGP 2.1.0-20191223-190649
Ping 2.0.0-20191223-210634
PlaySound 2.0.0-20191223-210636
プロンプト 2.0.0-20191231-130717
Python 2.0.0-20191223-210644
レコーダー 2.0.1-20200111-070529
Rest 2.0.0-20191231-120639
SAP 2.1.0-20191223-210745
スクリーン 2.0.0-20191223-210748
SNMP 2.0.0-20191223-210752
SOAP 2.0.0-20191210-081952
文字列 2.0.0-20200114-110316
システム 2.0.0-20191223-210800
ターミナル エミュレータ 2.0.0-20191223-210806
VBScript 2.0.0-20191223-210809
待機 2.0.0-20191223-210812
ウィンドウ 2.0.0-20191223-210814
XML 2.0.0-20191223-210815

変更された機能

機能 説明
Office 365 パッケージの認証 packageConnect packageを使用して、各 Office 365 packageを個別に認証します。

[接続] actionを使用する

修正された機能

機能 説明
Bot agent Control Room で最新の Bot agent バージョンにアップグレードすると、エラー メッセージが表示されずに bot が正常に実行できるようになりました。「別の Control Room への Bot agentの切り替え」を参照してください。
Excel アドバンスド パッケージ Excel アドバンスドpackageClose アクションを使用すると、セッション名で定義された特定のオープンセッションのみが終了するようになりました。
キーボード操作 キーストローク コマンドが日本語のキーボード レイアウトで正常に機能するようになりました。

セキュリティ上の修正

このリリースのセキュリティ上の修正は、以前のリリースから変更されていません。これらのセキュリティ上の修正リストは、「Enterprise Automation 360 (Build 1598 および 1610) リリース ノート」をご覧ください。

廃止予定の機能

このリリースで廃止予定の機能は、以前のリリースから変更されていません。これらの廃止予定の機能のリストは、「Enterprise Automation 360 (Build 1598 および 1610) リリース ノート」をご覧ください。

Build 2094 の既知の制限事項

移行
  • 移行させる bot を選択したときの [最後の移行] および [移行者] の列値は、同じ bot の [選択可能なファイル] および [選択済み] のテーブル値と異なる場合があります。
  • [移行者] の列に表示される「システム」値は、以前に bot が移行されていないことを表します。
  • 移行された各 bot に関連するコマンドや変数を表示させると、サポートされていないコマンドと変数が表示されます。現在はすべてのコマンドと変数が表示されています。

IQ Bot Build 2079

このリリースでは、前回のリリースから追加された機能やアップデートがない、IQ Bot On-Premises バージョンを利用できます。このバージョンは IQ Bot Version 6.5.2 の特長と機能に基づいています。

IQ Bot feature comparison matrix

IQ Bot On-Premisesバージョンはそれに対応するAutomation Anywhere Control Room On-Premisesバージョンと互換性があります。

Automation 360 IQ Bot のバージョンの互換性

Control Room のフレッシュ インストールでは、ユーザーは IQ Bot パッケージを手動でアップロードする必要があります。詳しくは、「Control Room にパッケージを追加」をご覧ください。

Automation Anywhere サポート サイトに移動して、パッケージをダウンロード:

A-People Downloads page (Login required)

IQ Bot の修正された機能

このリリースで修正された機能は、以前のリリースから変更されていません。

IQ Bot のセキュリティ上の修正

このリリースのセキュリティ上の修正は、以前のリリースから変更されていません。

IQ Bot の廃止予定の機能

このリリースで廃止予定の機能は、以前のリリースから変更されていません。

IQ Bot の既知の制限事項

このリリースでは、新しい既知の制限事項はありません。

Build 2094 の Bot Insight の新機能

機能 説明
可視化 Bot Insight ダッシュボードの [可視化] ウィジェットは、特定のシナリオに関するインサイトを得るために使用できる高度にカスタマイズ可能なウィジェットのホストを提供します。[クラスター化] および [スタック化] の縦横のバーが追加されました。

ダッシュボード ウィジェットを追加

Bot Insight の変更された機能

このリリースで変更された機能は、以前のリリースから変更されていません。

Bot Insight の修正された機能

このリリースで修正された機能は、以前のリリースから変更されていません。

Bot Insight の廃止予定の機能

このリリースで廃止予定の機能は、以前のリリースから変更されていません。

Bot Insight の既知の制限事項

このリリースの既知の制限事項は、以前のリリースから変更されていません。

フィードバックを送る