Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 の FAQ (よくある質問)

  • 更新済み: 8/12/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Automation 360 の FAQ (よくある質問)

最新の Automation Anywhere プラットフォームである Automation 360 の詳細および質問については、この FAQ (よくある質問) をご確認ください。

Automation 360 とは何ですか?
Automation 360 は、ビジネス ユーザーがタスクを容易に自動化できるよう、ブラウザ ベースの直感的なエクスペリエンスをもたらします。また、開発者がプロセス オートメーションを構築するための強力なツールも提供し、IT 向けの拡張性の高いインフラストラクチャ上でセキュリティ、ガバナンス、コントロールを実現します。
Automation 360 には何が含まれていますか?
ビジネス プロセスを自動化するために必要な bots を構築するためのすべての機能、つまり、Control Room clusterBot editorBot RunnerUniversal Recorder、Enterprise グレードのセキュリティ証明書、サポート、Bot Store へのアクセス、および Automation Anywhere University のコース。
Automation 360 はどのように導入されますか?

Automation 360On-PremisesCloudの両方に導入できます。

Automation 360 On-Premises を導入する場合、顧客のサーバーにインストールされます。Bot Creator の Web ベースの性質により、ユーザー マシンでのインストールや導入は不要になるため、総所有コスト (TCO) が大幅に削減されます。

Automation 360Cloud に導入する場合、このプラットフォームは真の SaaS (サービスとしてのソフトウェア) エクスペリエンスとして利用可能です。Automation Anywhere では、購入者がクラウド プロバイダーやその他のインフラストラクチャ要素の選択を心配する必要のない、ターンキー ソリューションとしてこの SaaS エクスペリエンスを提供しています。つまり、Automation Anywhere にすべてお任せいただけます。管理者には、ユーザー管理、セキュリティ、ガバナンス、制御のための完全な機能セットがもたらされ、これらの機能には Web ブラウザからもアクセスできます。エンド ユーザーは、ブラウザを使用してプラットフォームにアクセスし、ログインして、bots の作成を開始できます。

どのような追加のクラウド ホスティング オプションを利用できますか?
Automation 360 は、AWSMicrosoft Azure、Google Cloud、IBM、パブリックおよびプライベート クラウド、ハイブリッド クラウドの任意のサービスでホストできます。
Automation 360 ではどのスクリプト言語がサポートされていますか?
Automation 360 は、JavaScript、Python、および VBScript をサポートします。
Automation 360 は英語以外の言語で利用できますか?
はい。Automation 360 は次の 10 言語でご利用いただけます。英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、簡体字中国語、繁体字中国語
Automation 360 はどのようにアップデートされますか?

CloudAutomation 360に導入する場合、アップデートがAutomation Anywhereによって定期的に展開されるため、お客様は常に最新バージョンを使用できます。action packagesなどの機能の場合、管理者とユーザーは、最新のpackagesをテストしてからアップデートを受け入れるかどうかを選択できます。

On-Premisesのお客様向けには、カスタマー ポータルを通じて定期的なアップデートが提供されます。管理者は、組織全体のインストールを選択したバージョンで統一できます。

Automation 360 のデータ プライバシーとセキュリティの側面について教えてください。
Automation Anywhere Cloud のプライバシーは、データ所有者がデータ保護を提供するために自動的に提供する、または設定可能な、包括的なセキュリティ機能セットで設計されています。Automation Anywhere Cloud には、包括的なセキュリティが含まれ、送信中と保存中のデータを暗号化します。別途指定しない限り、個人データが環境外に移動することはなく、IT マネージャーの完全な管理下に置かれます。

顧客が AAI Enterprise クラウドを信頼できるようにするため、 Automation Anywhere Cloud サービスは、NIST Cybersecurity Framework、AWS Cloud Adaption Framework、Center for Information Security (CIS) ベースラインなどの業界標準とフレームワークに基づいて保護されています。

可用性Automation AnywhereCloudが高いか?
Automation Anywhere Cloud は、地域内の完全なHAパブリック クラウド インフラストラクチャ サービスに展開されたの、完全に負荷分散されたControl Room環境を使用してAutomation 360展開されます。
ディザスタリカバリでAutomation AnywhereCloud保護されていますか?
バックアップは、別の地域(バックアップが国内に保持されているオーストラリアを除く)に毎日行われます。プライマリ領域に対して災害が宣言された場合、セカンダリ領域は日次バックアップを使用してすべてのテナントに対してインスタンス化されます。このリカバリの現在の目標は次のとおりです。
  • RTO(Recovery Time Objective): 復元された最後のバックアップ データで新しい領域を立ち上げて実行する時間 = 6時間。
  • RPO(Recovery Point Objective:目標復旧時点): リストア中のデータ消失の最大時間 = 6時間。
注: DR地域は別の国にある可能性があります。
フィードバックを送る