Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot Scannerを使用した bots のスキャン

  • 更新済み: 8/05/2021
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Bot Scannerを使用した bots のスキャン

Automation 360 に移行する前に、bots の移行準備が整っているかどうかを確認することが重要です。Bot Scannerを使用して bots をスキャンし、生成されたレポートを分析して、それらの bots で使用されているコマンドと変数、およびその中で移行でサポートされているものの数に関する情報を確認します。

前提条件

Bot Scannerを使用するためのシステム要件を満たしていることを確認します。

  • ハードウェア要件
    プロセッサー 2.66Ghz 以上 (64 ビット)
    RAM 2GB 以上
    ディスク空き容量 200MB
  • ソフトウェア要件

    オペレーティング システム: Windows 7 以降 (32 ビットおよび 64 ビット)

手順

  1. Automation Anywhere サポートサイトから最新バージョンの Bot Scanner をダウンロードします。
    1. A-People Downloads page (Login required) に移動します。
    2. Automation 360 v.xx <Build_number> リンクをクリックします。
      リンクの xx は、リリース番号を示します。例: Automation 360 v.21。
    3. Installation Setup フォルダーをクリックします。
    4. AAE Bot Scanner の zip ファイルをクリックし、ツールバーの [ダウンロード] をクリックします。
  2. ダウンロードした zip ファイルからファイルを抽出し、AAE_Bot_Scanner.exe をダブルクリックします。
    注: AAE_Bot_Scanner.exe ファイルは、2 バイト文字を含まない場所のパスに保存する必要があります。さもないなと、Bot Scanner を実行した時にエラーになります。
  3. [Automation Anywhere Bot スキャナー] ダイアログ ボックスで、[リポジトリ パスを選択] フィールドに、分析する bots を含むフォルダーの場所を入力します。
    重要: Control Room リポジトリのコピーを作成し、実際のリポジトリ フォルダーではなく、コピーしたフォルダーの場所を入力します。
    1. Control Room リポジトリをコピーします。
      たとえば、リポジトリの現在の場所が C:\ProgramData\AutomationAnywhere\Server Files\Default\Automation Anywhere の場合、Automation Anywhere フォルダーをコピーする必要があります。
    2. コピーしたリポジトリを一時的な場所に貼り付けます。例: D:\My Bots フォルダー。
      この場所 (D:\My Bots) を手順 3 の [リポジトリ パスを選択] フィールドに入力する必要があります。
  4. [宛先フォルダーを選択] フィールドに、生成されたレポートを保存する場所を入力します。
    注: 以前に Bot Scanner を使用していたときに同じ場所を指定した場合、宛先フォルダー内の Bot Scanner 関連ファイルとフォルダーは上書きされます。
  5. [タイムアウト] フィールドに値を入力して、Bot Scannerbot を分析できる最大時間を指定します。
    bot に対するスキャン時間が [タイムアウト] フィールドで指定した値を超えた場合、Bot Scannerはその bot のスキャンを停止し、リポジトリ内の他の bots のスキャンに進みます。
  6. [レポートを作成] をクリックします。
    Bot Scanner がリポジトリで使用可能な bots の分析を開始します。

    Bot Scanner がスキャンする bot が サポートされていないバージョンの Enterprise Client を使用して作成されたものの場合は、エラーがを表示されます。その場合は、bot をサポートされているバージョンにアップグレードして、再度 bot をスキャンする必要があります。

  7. オプション: Bot Scannerbots を解析しているときに [スキャンを停止] をクリックすると、操作をキャンセルできます。
    操作がキャンセルされる前に分析された bots のサマリーレポートと個別レポートを入手できます。
  8. Bot Scannerがリポジトリ内の利用可能なすべての bots の分析を完了したら、[レポートを開く] をクリックして、デフォルト ブラウザで概要レポートを開きます。

次のステップ

分析レポート
フィードバックを送る