Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行でサポートされていない機能

  • 更新済み: 9/15/2021
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

移行でサポートされていない機能

または Enterprise 11 Enterprise 10 からへの移行でサポートされていない機能を確認 Automation 360します。

まだサポートされていない機能

次の機能は、移行ではまだサポートされていません。

  • Enterprise 11 または Enterprise 10 Bot Runner Bot Creator デバイスは移行プロセスに含まれて Automation 360いないため、に移行されません。

    Automation 360 Bot agent Enterprise 11 、およびを置き換えます Enterprise 10 Enterprise Client。を使用 Bot agent Automation 360 Control Room bots して、にデバイスを接続し、接続されているデバイスでを実行します。

  • のワークフロー、トリガー、バージョン管理履歴 bots、およびファイルシステムログ
  • Enterprise 11 bots Subversion Version Control バージョン管理にを使用するの移行。
  • Control Room を使用します Oracle Database
  • Bot Insight Automation 360 が新しいデータベースを使用してインストールされている場合の、ユーザー、役割、スケジュール、資格情報変数などのデータおよびその他のエンティティの移行。
  • Automation 360 クラウド対応インスタンスへの移行。

    回避策:手動プロセスを使用して、クラウド対応インスタンスに移行できます。を参照 Enterprise 11 Automation 360 クラウド対応移行の準備をしますしてください

  • Object Cloning コマンドを使用してキャプチャされたイメージの移行。

    そのため bots botsには、の移行後にオブジェクトを再キャプチャする必要があります。

  • 内の変数(値型変数を除く)内での変数の使用 bot

    たとえば、が bot $variable1$ を含んでいて、 $variable1$ には $variable2$ が含まれ、 $variable2$ には実際の値が含ま bot れている場合、この値は移行できません。

  • 固定値と変数を使用して、インデックス位置を指定します。たとえば、 $V_ArrVar(1$RowIndex$,1)$ のように指定します
  • の数値演算子を使用した書式設定された数値(ドットまたはカンマを区切り文字として使用する数値)の使用 If action If package
  • bot 実行されているときにランタイムウィンドウからイメージをキャプチャする機能
  • Enterprise 11 または Enterprise 10 bots If 、コマンドで使用される変数で文字列値を使用し、 'Automation 360されます。ただし bots 、で実行するとエラーが発生 Automation 360します。
  • If Loop 文字列値を含む変数で、 <,>,<=,>= 演算子を使用するコマンドまたはコマンドで、移行後にエラーが発生しました

    たとえば botabcd という値を持つ変数を含むが あり、 > 演算子を使用している場合 bot 、文字列型変数は <,>,<=,>= 演算子を使用するとは想定されないため、移行後に実行すると、はエラーを検出します。

  • Object Cloning 次のアプリケーションを自動化するコマンド。
    • Flash アプリケーション
    • Edge で実行されている Web アプリケーション - レガシーブラウザ
  • Enterprise 11 または Enterprise 10 bots 、 XLSTART フォルダーにある Microsoft Excel ファイルから Microsoft Excel マクロを実行できました。このマクロは、そのマクロが含まれていない別の Excel ファイルから呼び出された場合に実行されます。移行後は bots 、別の Excel で使用できるマクロを実行できません
  • 矢印シンボルはに表示され Automation 360 Bot editorません。

    Enterprise 11 またはで矢印シンボルを使用して Enterprise 10 bots Bot editor いる場合、移行後にはシンボルは表示されませんが、例外が 1 つあります。ただし、シンボルが複数 IF/ELSE のコマンドで使用されている場合 Bot editor 、は、矢印記号ではなく $String:formfee$ 変数を表示します。

サポートされていない機能と回避策

bots 指定された回避策に基づいて更新する場合は、次の機能を使用して移行できます。
  • のロジックの入力としてクレデンシャル変数を使用する Run Logic コマンド MetaBot

    回避策:Bots から Credential Vault TaskBot MetaBot ロジックに属性を渡す Run Logic コマンドを使用すると、に移行 Automation 360できます。移行さ botれたの対応する行のフィールドに、クレデンシャル名と属性名が表示されます。

    復元 Enterprise 11 されたデータベースを使用して移行した場合 locker Automation 360 Enterprise 11 botは、で使用されるクレデンシャル変数に相当するものが作成されます。

    移行 bots を正常に実行するには、次のいずれかのオプションを選択します。
    • オプション 1 :クレデンシャルタイプ変数を渡します。
      1. 入力 bots 変数として、子にクレデンシャルタイプ変数を作成します。
      2. action Task Bot package 親ののの実行で botCredential Vault 入力値フィールドを更新して、子用に作成された資格情報タイプ変数( bot MetaBot ロジックに対応)の属性を使用します。
    • オプション 2 :クレデンシャル値をグローバル値として渡します。
      1. Automation 360 の Run Logic コマンドで使用する資格情報の Global 値をに作成 Enterprise 11します。
      2. action Task Bot package 親ののの実行( Run )で bot、入力値( Input Value )フィールドを更新して、子用に作成されたクレデンシャルタイプ変数( bot MetaBot ロジックに対応)のグローバル値を使用するようにします。
    Enterprise 11 のインストール時に復元されたデータベースを使用していない場合 Automation 360 Enterprise 11 botは、前の手順を実行する前に、で使用するクレデンシャル変数に必要なロッカーを作成する必要があります。
    注: Automation 360 Credential Vault クレデンシャルタイプ変数にのみ属性を割り当てることができるため、セキュリティが強化されます。これにより、 Credential Vault 非クレデンシャルタイプ変数に割り当てられている可能性がある属性の非セキュアな処理が制限されます。
  • MetaBots 複数 MetaBot のロジックで同じ DLL を使用している場合 Automation 360は、に移行した後で予期したとおりに動作しないことがあります。
    回避策
    1. action packagebot 複数 MetaBot のロジックで使用される DLL を使用するに Enterprise 11は、移行された親で DLL の Open を使用します。
    2. 移行された親と bot bots その親のすべての子のセッションタイプリストから選択した DLL セッションオプションを使用 botして、セッションタイプ変数を作成します。

      子でセッション変数を作成するときは、 [ 入力として使用 bots( Use as input ) ] オプションが選択されていることを確認します。

    3. action package 移行された親で DLL の Set shared session を使用 bot し、前のステップで作成した session 変数にセッション情報を保存します。
    4. action package 親のタスクボットの実行の入力値セクションから bot、子で作成したセッション変数の名前を持つオプションを選択 bots し、これら bot のフィールドで親に対して作成したセッション変数を指定します。
    5. actions package TaskBots 移行したと同等のすべての DLL から DLL の [ 開く ] と [ 閉じる MetaBot] を削除します。
    6. action TaskBots 移行されたと同等のすべての [ 実行( Run ) ] 機能で [ 共有セッション( Shared session MetaBot bot) ] タブを選択し、そのために作成したセッション変数を指定する。
  • Enterprise 11 Enterprise 10 bots または、移行後にロジック bots を実行 コマンドを使用して MetaBot ロジックを実行し、そのロジックを含むフォルダーまでロジックの場所を指定すると、エラーが発生します。たとえば 、 D: Metabots\Logics\Finance という場所にある Logic1 を実行するとします。 ロジックの完全なパス( D : Metabots 、 Logics 、 Finance 、 Logic1 )ではなく、 D : Metabots 、 Logics 、 Finance のみを指定すると、エラーが発生します。

    回避策

    MetaBot Enterprise 11 Enterprise 10 bots 移行前または移行前に、すべてのロジックのパスを完全パスに更新します。
  • Enterprise 11 Enterprise 10 MetaBots または、クレデンシャル変数を使用して、 DLL 関数への入力として数値を渡します。
    回避策
    1. DLL 関数を更新して、文字列型の入力パラメーターを使用します。
    2. MetaBots 数値型入力パラメータを DLL 関数に渡すコマンドをから削除します。
    3. にコマンドを追加 MetaBots して、文字列型入力パラメータを DLL 関数に渡します。
    4. 関連 TaskBots するとを移行 MetaBotsします。
  • に移行して Automation 360 Cloud いて、で SAML を認証タイプとして設定している場合 Enterprise 11 Control Room Automation 360 Control Room、移行プロセスでは認証タイプが移行先のデータベース認証タイプに変更されます。
    回避策Cloud Control Room 移行後に SAML をの認証タイプとして設定するには、次の手順を実行します。
    1. から SAML を構成するために使用したユーザーを削除 Enterprise 11 Automation 360します。
    2. 必要な権限を持つ別のユーザーを作成し、そのユーザーを使用してで SAML を構成 Automation 360します。
  • から Enterprise 10 への移行 Automation 360 Cloud

    回避策Enterprise 11 への移行がサポートされているバージョンに移行 Automation 360 Cloud Automation 360 Cloudしてから、に移行します。

  • Enterprise 11 bots Exchange Web サービス (EWS) を使用し Send Email て、に移行した後にコマンドを使用して電子メールを送信すると、エラーが発生します Automation 360
    回避策:で次のグローバル値を作成 Automation 360 し、すべて bots のアクションで EWS を使用するように移行したを更新します。
    • AAE_EmailSettings_auth
    • AAE_EmailSettings_host
    • AAE_EmailSettings_port
    • AE_EmailSettings_SSL
    これらのグローバル値の値は、で指定する必要 Enterprise 11があります。
  • Loop If 日付条件を使用して異なる形式の日付を比較するコマンドまたはコマンドで、移行後にエラーが発生しました。たとえば、 mm/dd/yyyy 形式の日付は、 mm/dd/yyyy hh:mm:ss 形式の日付では機能しません。

    回避策:異なる形式の日付を同じ形式に更新します。

  • カンマで区切られた変数の数値

    回避策:数値からカンマを削除します。

  • bot 、 64 KB を超えるデータを含む変数またはオブジェクトを使用できません。たとえば Object Cloning 、コマンドを使用して Web サイトからテーブルをキャプチャし、キャプチャされたオブジェクトに 64 KB を超えるデータが含まれているとします。Bots このようなオブジェクトを含むと、移行後にエラーが発生します。

    回避策:不要なデータを削除するか、 CSV またはテキストファイル内のデータをコピーして action 、の読み取りを使用 CSV/TXT packageします。

  • Credential Vault で値が欠落しているアクションの移行は失敗 Control Roomします。

    回避策: Credential Vault Automation 360 移行前にの値を作成し、を使用して移行を再開 Bot Migration Wizardします。

bots N/A ステータスで移行中

Bot Scanner レポートには bots 、サポートされていないコマンドが含まれ、 N/A として移行できないのステータスが表示されます。このような移行 bots は、次 Enterprise 11 Enterprise 10 の表の指定に従って、またはマシンで変更できます。
メッセージ

サポートされていないコマンドを使用した子ボットのためにサポートされていないボットの移行。

説明

bot 現在移行でサポートされていないコマンドを使用する子は移行できません。その結果 bots 、この子を使用する親 bot も移行できません。

アクション

これらの親を移行 botsするに bot bot botは、親から子への参照を削除してから、その親を移行します。

子で使用されているサポートされていないコマンドを表示 botsするに bots bot は、移行できないのリストに移動し、子の名前をクリックします。

メッセージ

「 HTML ( Edge )」による「オブジェクトクローニング」の移行は、まだサポートされていません

説明

Microsoft Edge レガシーブラウザはでサポートされてい Automation 360 bots ないため、このブラウザで構成されたの移行はサポートされていません。

アクション

Enterprise 11 bots Google ChromeFirefox Internet ExplorerMicrosoft Edge 、または Chromium ブラウザなど、サポートされている他のブラウザを使用してを更新します。

メッセージ

MetaBot の移行はサポートされていません。スクリーンファイルが存在しません。ボットを修正して、もう一度試してください。

説明

MetaBot Logic とは、に存在しない画面を指し MetaBotます。

アクション

を移行 MetaBotするには、画面を再度追加するか、存在しない画面への参照を削除します。

メッセージ

変数タイプが一致しない「変数操作」コマンドの移行はサポートされていません。ボットを修正して、もう一度試してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot 、 [ 変数操作 ( Variable Operation ) ] コマンドを使用して、使用される変数の変数タイプが同じでない場合に使用します。

アクション

Enterprise 11 またはの [ 変数操作 Enterprise 10 bots ( Variable Operation ) ] コマンドを更新して、参照される変数が同じタイプであることを確認する。

メッセージ

変数が存在しない「変数操作」コマンドの移行はサポートされていません。ボットを修正して、もう一度試してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot 、 [ 変数操作 ( Variable Operation ) ] コマンドで存在しない変数を参照します。

アクション

同じ名前とタイプの変数を作成するか、存在しない変数を参照するコマンドを削除します。

メッセージ

変数が存在しない「 if 」コマンドの移行はサポートされていません。ボットを修正して、もう一度試してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot は、 if コマンドで存在しない変数を参照します。

アクション

同じ名前とタイプの変数を作成するか、存在しない変数を参照するコマンドを削除します。

メッセージ

変数が存在しない「 ElseIf 」コマンドの移行はサポートされていません。ボットを修正して、もう一度試してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot は、 else if コマンドで存在しない変数を参照します。

アクション

同じ名前とタイプの変数を作成するか、存在しない変数を参照するコマンドを削除します。

メッセージ

変数が存在しない「ループ」コマンドの移行はサポートされていません。ボットを修正して、もう一度試してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot は、ループ ( Loop )コマンドに存在しない変数を参照します。

アクション

同じ名前とタイプの変数を作成するか、存在しない変数を参照するコマンドを削除します。

メッセージ

「 AAApplicationPath 」を使用して定義されたボットパスに有効なリポジトリフォルダパスが続く「 Run Task 」の移行はサポートされていません。11.x ボットのタスクボットパスを修正して、再度移行してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot 、子の [ タスクの実行 ] コマンドで無効なパスを使用 botします。

アクション

これを移行 botするに Enterprise 11 bot bot は、を変更して、 AAApplicationPath の後に有効な子パスが提供されるようにします。

メッセージ

"AAApplicationPath" を使用して定義されたボットパスに有効なリポジトリフォルダパスの後にない "if-TaskSuccessful" の移行はサポートされていません。11.x ボットのタスクボットパスを修正して、再度移行してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot > 、子の If Task Successful 状態内で無効なパスを使用 botします。

アクション

Enterprise 11 またはを更新 Enterprise 10 botbot て、有効な子パスの後に適切なフォルダ構造が指定されていることを確認します。

メッセージ

"AAApplicationPath" を使用して定義された BOT パスに有効なリポジトリフォルダパスが先行しない "if-TaskUnsuccessful" の移行はサポートされていません。11.x ボットのタスクボットパスを修正して、再度移行してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot > 、子の If Task Unsuccessful 状態内で無効なパスを使用 botします。

アクション

Enterprise 11 またはを更新 Enterprise 10 botbot て、有効な子パスの後に適切なフォルダ構造が指定されていることを確認します。

メッセージ

"AAApplicationPath" を使用して定義されたボットパスに続いて有効なリポジトリフォルダパスが定義されていない "ElseIf-TaskSuccessful" の移行はサポートされていません。11.x ボットのタスクボットパスを修正して、再度移行してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot > 、 Else If タスクが成功した子の条件内で無効なパスを使用 botします。

アクション

Enterprise 11 またはを更新 Enterprise 10 botbot て、有効な子パスの後に適切なフォルダ構造が指定されていることを確認します。

メッセージ

"AAApplicationPath" を使用して定義されたボットパスに有効なリポジトリフォルダパスが続くことのない "ElseIf-TaskUnsuccessful" の移行はサポートされていません。11.x ボットのタスクボットパスを修正して、再度移行してください。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot > 、 else if タスクが失敗した場合の子の条件内で無効なパスを使用 botします。

アクション

Enterprise 11 またはを更新 Enterprise 10 botbot て、有効な子パスの後に適切なフォルダ構造が指定されていることを確認します。

メッセージ

システム変数「 $WorkItemResult$ 」をリセットする「変数操作」コマンドの移行はサポートされません。

説明

システム変数 $WorkItemResult$ のリセット、 Variable Operation コマンドではサポートされていません。

アクション

文字列 > の割り当て 操作を使用し て ' 空の文字列をリセットするのではなく '$WorkItemResult$ システム変数に割り当てます

メッセージ

「 Windows - すべての開いているウィンドウを閉じる」の移行はまだサポートされていません。

説明

で [ すべての開いているウィンドウ( All open windows ) ] オプションを選択して [ 閉じる( Close ) ] コマンドを使用した場合 botは、そのウィンドウを移行できませ botん。

アクション

Enterprise 11 Enterprise 10 bot 移行する前に、またはを更新して、 [ 開いているすべてのウィンドウ ] オプションが使用されないようにします

メッセージ

タイプが「 String 」のフィールド「 OCObjectPlay_PropertyInfo_ReviewMessage 」による「 if-ObjectProperties 」の移行はまだサポートされていません。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot 、 64 > KB を超えるサイズのプロパティの 1 つを持つ If Object Properties コマンドのオブジェクトを使用します。

アクション
このボットを移行するには、次のいずれかの操作を実行します。
  • 64 KB を超えるサイズのプロパティ値を、 [ > オブジェクトプロパティの場合 ] コマンドで削除します。
  • 64 KB を超えるプロパティ値をテキストファイルに保存します。次に、このファイルから値を読み込む変数を作成します。 この新しい変数を、 [ オブジェクト > プロパティの場合 ] コマンドの対応するプロパティに割り当てます。
メッセージ

タイプが「 String 」のフィールド「 OCObjectPlay_PropertyInfo_ReviewMessage 」を持つ「 ElseIf - ObjectProperties 」の移行は、まだサポートされていません。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot 、 64 > KB を超えるサイズのプロパティの 1 つを持つ Else If Object Properties コマンドのオブジェクトを使用します。

アクション
このボットを移行するには、次のいずれかの操作を実行します。
  • このボットを移行するに > は、 Else If Object Properties コマンドで、サイズが 64 KB を超えるプロパティ値を削除します。
  • 64 KB を超えるプロパティ値をテキストファイルに保存します。次に、このファイルから値を読み込む変数を作成します。 この新しい変数を Else If > オブジェクトのプロパティ コマンドの対応するプロパティに割り当てます。
メッセージ

タイプが「 String 」のフィールド「 OCObjectPlay_PropertyInfo_ReviewMessage 」による「 Loop.Condition-ObjectProperties 」の移行はまだサポートされていません。

説明

Enterprise 11 または Enterprise 10 bot > 64 KB より大きいサイズのプロパティのいずれかを持つオブジェクトを [ オブジェクトのプロパティ中にループ( Loop While Object Properties ) ] コマンドで使用します。

アクション
このボットを移行するには、次のいずれかの操作を実行します。
  • このボットを移行するに > は、 Else If Object Properties コマンドで、サイズが 64 KB を超えるプロパティ値を削除します。
  • 64 KB を超えるプロパティ値をテキストファイルに保存します。次に、このファイルから値を読み込む変数を作成します。 この新しい変数を Else If > オブジェクトのプロパティ コマンドの対応するプロパティに割り当てます。
フィードバックを送る