Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Cloud サンドボックス環境をプレビューします

  • 更新済み: 6/01/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Cloud サンドボックス環境をプレビューします

Cloud のプレビューサンドボックス環境 Automation 360 Cloud を使用 bots bots すると、本番環境をテストして、これらが本番環境でシームレスに動作することを確認できます。 Cloud プレビューサンドボックス環境を使用 Automation 360 して、今後のリリースの新機能の計画とテストを支援します。

利点

Cloud プレビューサンドボックス環境は Automation 360 Cloud 、どのインスタンスとも同じですが Automation Anywhere Cloud 、更新される数週間前に予定されている新しいリリースからの更新が含まれています。
注: Cloud プレビューサンドボックス環境を本番環境として使用しないでください。
この環境は Automation 360 Cloud 、お客様が次のタスクを実行するのに役立ちます。
  • 新しい機能をテストし、現在の機能で必要な変更を特定 botsします。
  • 今後の機能と拡張機能をプレビューします。
  • 今後の環境の更新のために、変更の計画と管理を改善します。
サンドボックス環境は Automation 360 、クラウドおよびクラウド対応の展開でのみ使用できます。 Control Room この環境は、ユーザーまたはサードパーティベンダーによってホストされているデータセンター内のではサポートされていません。環境には Automation 360Discovery Bot、、およびの今後のアップデートが含ま AARI Bot Insightれます。
注: IQ Bot はサンドボックス環境には含まれません。

前提条件

  • Automation 360 Cloud Cloud プレビューサンドボックス環境を使用するには、有効なライセンスが必要です。
  • 注文可能なサンドボックス SKU を購入する必要があります。

    詳細については、 Customer Success Manager ( CSM )または Partner Enablement Manager ( PEM )にお問い合わせください。

環境を構成します

環境の使用を開始する前に、次のタスクを実行します。

  1. 既存 Automation 360 のインスタンスから一部のライセンスの割り当てを解除し、これらのライセンスをサンドボックス環境に割り当てます。
  2. Bot agent サンドボックス環境に切り替えます。

    別の Control Room への Bot agentの切り替え

  3. Automation 360 Cloud 環境内に必要なユーザー、役割、およびその他のエンティティを作成します。
  4. bots 既存のからエクスポート Automation 360 Cloudします。

    bots をエクスポート

  5. bots Cloud を使用して、エクスポートしたをプレビューサンドボックス環境にインポート Bot Lifecycle Managementします。

    bots をインポート

フィードバックを送る