Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

手動移行の前提条件

  • 更新済み: 8/26/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

手動移行の前提条件

Enterprise 11 または Enterprise 10 から移行するときに、Enterprise 11 データベースを使用しなかった場合、または Enterprise 10 データをコピーしなかった場合は、Automation 360Enterprise 11 または Enterprise 10 のすべてのエンティティを手動で作成する必要があります。

Automation 360bots を除く、次の Enterprise 11 または Enterprise 10 エンティティを作成します。
  • ユーザーの作成
  • ロールを作成して割り当てる
  • bots で使用する資格情報とlockers

    資格情報と Credential Vault の lockers

  • AAApplicationPath グローバル値を作成し、その値を必要なユーザーの Enterprise 11 または Enterprise 10 と同じ値に設定します。
  • AADefaultDateFormat グローバル値を作成し、その値を MM/DD/YYYY HH:MM:SS として設定します。
  • [E メールを送信] actionでは、以下のグローバル値が使用されます。
    • AAE_EmailSettings_auth
    • AAE_EmailSettings_host
    • AAE_EmailSettings_port
    • AAE_EmailSettings_ssl

    上記のグローバル値の値は、Enterprise 11[ツール] > [オプション] > [E メール設定] で指定した値である必要があります。

    Boolean 型の AAE_EmailSettings_auth および AAE_EmailSettings_ssl グローバル値を作成する必要があります。これらの値は、Enterprise 11 の構成に基づいて割り当てる必要があります。たとえば、Enterprise 11 で [サーバーには認証が必要です] オプションが選択されている場合は、AAE_EmailSettings_auth 値を true に設定する必要があります。同様に、Enterprise 11 で [サーバーには安全な接続を使用します] オプションが選択されている場合は、AAE_EmailSettings_ssl 値を true に設定する必要があります。

  • Enterprise 11 で Exchange Web Services (EWS) を使用した場合は、次のグローバル値を作成します。
    • AAE_EmailSettings_tenantId
    • AAE_EmailSettings_clientId
    • AAE_EmailSettings_domainName
  • Automation 360Enterprise 11 または Enterprise 10 と同じフォルダー構造を作成します。
  • すべての Enterprise 11 または Enterprise 10 bots とその依存関係を Automation 360 Control Room にアップロードします。

    bots とその依存関係は、Enterprise 11 または Enterprise 10 と同じ場所にアップロードする必要があります。

  • 次の順序で bots を移行します。
    1. MetaBots
    2. bots
    3. 親またはメイン bots
重要: Automation 360 の上記のすべてのエンティティは、Enterprise 11 または Enterprise 10 でのそれぞれの使用方法と同じになるように作成する必要があります。
フィードバックを送る