Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Cloud 移行の前提条件

  • 更新済み: 8/24/2021
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Cloud 移行の前提条件

Cloud 移行ユーティリティをインストールした後、データのアップロードを開始する前 Automation 360に、特定のタスクを実行する必要があります。

Cloud 移行ユーティリティを実行してにデータをアップロードする前に、次の要件を満たしてください Automation 360 Cloud
  • Cloud 移行ユーティリティをインストールします。

    Cloud 移行ユーティリティをインストールします

  • 移行コードが記載された電子メールを受信したことを確認します。コードを入手するには、営業担当者にお問い合わせください。

    移行コードは 1 つのコードに対してのみ有効 Control Room です。複数の Control Room移行コードがある場合は、同等の数の移行コードが提供されます。特定ののの移行には、正しい移行コードを使用するようにし Control Roomてください。

    重要: 電子メールで受信した移行コードは、生成日から 30 日間有効であり、お客様と共有されます。したがって、コードの有効期限が切れる前に移行を開始してください。それ以外の場合は、新しいコードを要求する必要がありますが、これにはかなりの時間がかかる場合があります。
  • Enterprise 11 Control Room データベースへの接続に使用するポートが開いていて、ユーティリティで使用できる必要があります。
  • ファイアウォールは、ポート 443 を介した発信 HTTPS トラフィックのために、ユーティリティが次のものに接続できるように設定する必要があります。
    • https://aa-provsvc.globalservices.automationanywhere.digital/
    • https://aws.amazon.com
  • 60 分以内にデータをアップロードできる十分な帯域幅を備えた安定したインターネット接続を確保します。アップロード時間が 60 分を超えると Cloud 、移行ユーティリティがタイムアウトし、アップロードプロセスを再開する必要があります。
  • Enterprise 11 Control Room 移行ユーティリティを使用する場合は、のダウンタイムを計画することをお勧めします。

    Cloud 移行ユーティリティが Enterprise 11 アップロード用のデータをパッケージングする際に、データが失われないようにするには、ダウンタイムが必要です。ダウンタイムが不可能な場合 Enterprise 11 Control Room Cloud は、移行ユーティリティがデータをアップロードしている間、でユーザアクティビティが実行されていないことを確認してください。

  • 移行ユーティリティでログファイルを保存するための C:\ProgramData\AutomationAnywhere フォルダへのアクセス権を付与します。
  • Credential Vault モードがエクスプレスモードに設定されていることを確認します。

    これは、内で使用可能なクレデンシャルと変数 Enterprise 11 Credential Vault がに移行されるようにするため Cloud Control Roomです。 Credential Vault でモードが手動モードに設定されている場合 Enterprise 11 Enterprise 11 Credential Vault Cloud Control Room、で使用可能なクレデンシャルおよび変数はに移行されません。

    Control Room モードは、データの移行後に手動に戻すことができます。を参照 Credential Vault 接続モードを設定してください

  • Enterprise 11 Control Room インストールされているデバイスに移行ユーティリティがインストールされていない場合 Enterprise 11 Control Room Control Room は、リポジトリ、データベース、およびインストールパスにアクセスする必要があります。
  • への移行後に SSO を統合する場合 Automation 360 Cloud Enterprise 11 Control Room は、のユーザ ID が SSO データベースの ID と完全に一致することを確認してください。一致しない ID の SSO 統合は失敗します。
フィードバックを送る