Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise 10 と Automation 360 On-Premises を同時に使用する場の移行準備

  • 更新済み: 8/13/2021
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

Enterprise 10Automation 360 On-Premises を同時に使用する場の移行準備

Automation 360 On-PremisesEnterprise 10 を同時に使用する場合は、このワークフローのタスクを実行します。Enterprise 10 から Automation 360 On-Premises への移行を開始する準備が整うまで、両方の環境を引き続き使用できます。

前提条件

  1. 次のページに記載されているタスクが実行済みで、移行の準備ができていることを確認します:

    移行の準備状況の確認

  2. 移行ライセンスを取得してアクティブ化していることを確認します。

    移行ライセンスの取得

Recommendation: 移行により既存の bots に問題が発生することを回避するために、Automation 360 へ移行するための新しい環境を作成します。

手順

  1. Enterprise 11 データベースのバックアップを作成し、Enterprise 11 データベースを使用している自動タスクの障害を回避するために、同じまたは異なる SQL インスタンスで復元することをお勧めします。
  2. Enterprise 11 bots で使用されている資格情報変数が、すべて Enterprise 11 Control Room で利用可能になっていることを確認します。
  3. Automation 360 On-Premises のインストール:
    1. システム要件を満たしていることを確認します。
    2. カスタム モードで Automation 360 On-Premises Control Room をステージング環境にインストールします。
      カスタム モードを使用した Control Room のインストール
      重要: 新しいデータベースで Automation 360 をインストールする必要があります。
  4. 移行前のタスクを完了します。
  5. Automation 360AAApplicationPath グローバル値を作成し、Enterprise 10 と同じ値を設定します。
  6. Enterprise 10 データを Automation 360 にコピーします。
  7. Enterprise 10Automation 360 の両方の環境を並行して使用し続けます。
    Recommendation: Automation 360 で、ユーザー、ロール、スケジュールなどのすべての新規 bots およびエンティティを作成します。
  8. Automation 360 のインストール後に Enterprise 10 でユーザー、ロール、スケジュール、bots などの新しいエンティティを作成する場合は、Automation 360 で同じエンティティを作成します。
  9. 本番環境として Automation 360 のみ使用する準備ができたら、次の手順を実行します。
    1. Automation 360 のインストール後に Enterprise 10で新規に bots を作成した場合:
      1. Automation 360 の [10.x データをコピー] オプションを使用して、Enterprise 10 からすべての bots とその依存関係をコピーします。
      2. Bot Creator としてログインし、bots とその依存関係を Automation 360 プライベート ワークスペースにアップロードします。bots のフォルダー構造とその依存関係は、バージョン Enterprise 10 と同じでなければならないことに注意してください。
      3. bots をパブリック ワークスペースにチェックインします。

次のステップ

Enterprise bots への移行
フィードバックを送る