Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 クラウド への手動移行

  • 更新済み: 11/23/2020
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

Automation 360 クラウド への手動移行

11.x 10.x から Automation 360 クラウド 移行したいが、MEAP (Migration Early Adopter Program) への参加を希望しない場合は、手動で移行を行うことができます。その場合は、移行した Bot が正常に実行されるようにするために必要なユーザー、ロール、権限、およびその他のエンティティを手動で作成する必要があります。

前提条件

Automation 360 クラウド のライセンスを準備します。

手順

  1. 移行の計画:
  2. 移行の準備:
  3. Bot のアップロード:
    バージョンステップ
    11.x Bot をインポート
    10.x
    1. Bot のアップロードとその依存関係

      Bot は、Automation 360 のプライベートワークスペースにアップロードされます。パブリックワークスペースに 10.x Control Room のと同じフォルダー構造を作成しておきます。BotAutomation 360 で正常に実行されるために必要なすべての依存 Bot およびその他ファイルをアップロードする必要があります。アップロードしたすべての Bot と、その依存 Bot、およびその他必要なファイルは、Automation 360 内の 10.x と同じフォルダーに保存する必要があります。

    2. プライベートワークスペースにあるアップロード済み Bot をチェックインします。

      Bot のチェックイン

  4. BotAutomation 360 に移行します。
  5. 移行が完了したことを確認します。
フィードバックを送る