Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行用の変数マッピング

  • 更新済み: 8/13/2021
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

移行用の変数マッピング

移行では、一部の変数は以前の製品バージョンからに直接マッピング Automation 360 されますが、他の変数は異なる動作をしたり、構成の変更を含んだりします。

ユーザー定義変数

Automation 360は、で定義 bots bots botsされたすべての変数が入力として使用され、移行中に出力タイプとして使用されて、親と子の間で値が交換されます。

bot bot で変数が親と子の間でマッピングされ Enterprise 11 ていて、マッピングされた変数の一部が親 bot または子で使用できない場合 bot、移行プロセスはこれらの変数を削除します。移行プロセスで bots は、移行 bots bots された子の変数が、親および移行済みの子の変数とともに削除されます。

次のユーザー定義変数の移行方法を確認します。

配列

このセクションでは 、 Array 変数の移行方法について説明 Automation 360します。場合によっては、移行の前後に何らかのアクションを実行したり、いくつかのことを確認したりする必要があります。

サブタイプ " 値 "
このサブタイプを持つ変数は すべての列値が 文字列であるテーブルに移行されます。
サブタイプ " テキストファイルから読み取り "
このサブタイプを持つ変数は すべての列値が 文字列であるテーブルに移行されます。

移行の一部として次のアクションが追加され、変数にデータが構成されます。

Automation 360 アクション 関数
CSV/TXT > を開きます ファイルを開いて読み取ります。
CSV/TXT > 読み取り Table 変数の値を返します。
CSV/TXT > 閉じる ファイルを閉じます。
サブタイプ「データベースから読み取り」
このサブタイプを持つ変数は すべての列値が String である Table パッケージに移行されます。

移行の一部として次のアクションが追加され、変数にデータが構成されます。

Automation 360 アクション 関数
データベース > 接続 接続 アクションをそれぞれの接続文字列で追加します。
データベース > データテーブルへのエクスポート データテーブルにエクスポート (Export to datatable) アクションを追加して ' 結果をデータテーブル変数に返します
データベース > 切断 データベース を切断するための切断アクションを追加します。

参照:Database package

サブタイプ "Excel/CSV ファイルから読み込む "
このサブタイプを持つ変数は すべての列値が 文字列であるテーブルに移行されます。

移行の一部として次のアクションが追加され、変数にデータが構成されます。

Automation 360 アクション 関数
Excel > を開く( Advance Excel Open ファイルを開いて読み取ります。
Excel に複数 > のセルを追加します 変数宣言で [ すべてのセル ] または [ 範囲 ] オプションが選択されている場合は、テーブル変数の値を返します。
Excel の詳細 > を今すぐ読む 変数宣言で [ 行全体 ] オプションが選択されている場合は、 Table 変数値を返します。
Excel の高度 > な読み取り列 変数宣言で [ 列全体 ] オプションが選択されている場合は、 Table 変数を返します。

さらに 、リスト パッケージのデータテーブルへの代入リストを使用して、返された値を変数に格納します。

Excel > の事前クローズ ファイルを閉じます。
Action required:Automation 360は、空のテーブル変数はランタイムエラーを返します。移行したテーブル bot に空の変数が含まれている場合 Automation 360は、の問題を解決する必要があります。
配列変数:DLL 関数で受け入れられる入力タイプ
システムがから Enterprise 11 bot 別のタイプの DLL 関数に Array 変数を渡すと、 DLL 関数は次のものを入力タイプとして受け取ります。
  • uint16[] 、 Int16[] 、 Int32[] 、 Int64[] 、 Int[] 、 char[] 、 Single[] 、 Decimal[] 、 Float[] 、 Double[] 、 boolean[] 、 bol[] 、 Byte[] 、 String[] 、および DateTime[]
  • uint16 、 Int16 、 Int32 、 Int64 、 Int 、 char 、 single 、 decimal 、 float 、 double 、 Boolean 、 bool 、 Byte 、 String 、および DateTime
  • リスト <UInt16> 、リスト <Int16> 、リスト <Int32> 、リスト <Int64> 、リスト <Int> 、 リスト <Char> 、リスト <Single> 、リスト <Decimal> 、リスト <Float> 、リスト <Double>リスト <Boolean>、リスト <Bol> 、リスト <Byte> 、リスト <String> 、 リスト < 日時 >
  • uint16[,] 、 Int16[,] 、 Int32[,] 、 Int64[,] 、 Int[,] 、 char[,] 、 Single[,] 、 Decimal[,] 、 Float[,] 、 Double[,] 、 boolean[,] 、 bol[,] 、 Byte[,] 、 String[,] 、および DateTime[,]
詳細はこちら
Enterprise 10 Enterprise 11 bots Array 変数を含むまたはを移行できます。

主な動作の違いを次に示します。

  • インデックス位置は Enterprise 10 との 1 で始まり Enterprise 11、インデックス位置はの 0 で始まり Automation 360ます。たとえば 、 $arrayVariable(1,1)$$arrayVariable[0][0]$ になります
  • 配列に 10 行 / 列があり、ループが 10 回以上実行されて Enterprise 10Enterprise 11 いる場合、 / はインデックス位置を持つ配列変数の名前を返します。
Action required: のアレイへのアクセスに無効なインデックスが使用されている場合 Enterprise 11 bot は、移行前または移行後にエラーを解決してください。
辞書

このセクションでは 、 Dictionary 変数をに移行する方法について説明 Automation 360します。場合によっては、移行の前後に何らかのアクションを実行したり、いくつかのことを確認したりする必要があります。

サブタイプ " 値 "
これらの変数は 、の文字列サブタイプを使用して辞書タイプに移行 Automation 360されます。
サブタイプ「 CSV ファイルから読み込む」
移行プロセスで は、 CSV/Text パッケージを使用して CSV ファイルを読み取るアクションが追加され、データがテーブル変数に格納されます。このプロセスで は、 Table 変数でループを実行するアクションも追加 され、 Dictionary パッケージの PUT アクションを使用して、 Dictionary 変数にキーと値を追加します。
辞書変数:DLL 関数で受け入れられる入力タイプ
システムがから Enterprise 11 bot 別のタイプの DLL 関数にディクショナリ変数を渡すと、 DLL 関数は次のものを入力タイプとして受け取ります。uint16 、 Int16 、 Int32 、 Int64 、 Int 、 char 、 single 、 decimal 、 float 、 double 、 Boolean 、 bool 、 Byte 、 String 、および DateTime 。
詳細はこちら
Enterprise 10 Enterprise 11 bots 辞書変数を含むまたはを移行できます。

次の表では、主な動作の違いとその動作について説明 Automation 360します。

Enterprise 10 または Enterprise 11 ビヘイビア Automation 360 ビヘイビア
ディクショナリキーは Enterprise 10 、またはでは大文字と小文字が区別されませ Enterprise 11ん。 ディクショナリキーは、では大文字と小文字が区別 Automation 360されます。

bot 実行の復元力を維持するために、移行プロセスはすべてのディクショナリキーを小文字に変換します。小文字 のキー名を取得するための辞書キーとして変数が使用されている場合は、文字列エクスプレス小文字が使用されます。

リスト

このセクションでは 、リスト の移行方法について説明 Automation 360します。場合によっては、移行の前後に何らかのアクションを実行したり、いくつかのことを確認したりする必要があります。

サブタイプ " 値 "
これらの変数は 、サブタイプ が String の List に移行されます。
サブタイプアレイ
これらの変数は 、サブタイプ が String の List に移行されます。
サブタイプ「テキストファイルからの読み取り」
ファイルの読み取りによって宣言された変数が呼び出されると 、レガシーオートメーション パッケージの [ テキストファイルからリストをインポート ] アクションが、移行されるアクションの上に追加されます。
" ランダムにする " と宣言されています
List 変数は 、で Make Random として宣言 Enterprise 10 すること Enterprise 11 も、リストからランダムな項目を返すこともできます。移行プロセスで は、新しいサイズアクションがリスト パッケージに追加 され、リストサイズが取得されます。また、ランダムな位置を検索してランダムなリスト項目を取得するために、ランダムな番号の割り当てアクションがナンバーパッケージに追加されます。
Action required:Automation 360は、ループの外部で使用される空のリスト変数は、ランタイムエラーを返します。移行したが bot この条件を満たしている場合 Automation 360 は、環境内の問題を解決する必要があります。
詳細はこちら
  • Enterprise 10 およびで Enterprise 11 は、インデックス を指定せずにリストにアクセスできます。で Automation 360は、リストから特定の値を取得するために、それぞれのインデックスを指定する必要があります。

    例:リスト 変数には、次の方法でインデックスからアクセスできます。

    $listVariable[0]$

    ここで、 0 はリストの最初の値を表します。

  • インデックス位置は Enterprise 10 またはの 1 で始まり Enterprise 11 Automation 360、では 0 で始まります。
  • Enterprise 11 動作: Enterprise 11は、固定インデックスを持つリストを使用すると、リストの最初のインデックスで使用可能な値が返されます。

    例:たとえば、値が 1 、 2 、 3 、 4 のリストがあるとし ます。また、 $IntList(3)$ を使用して、リストの 3 番目のインデックス位置の値を取得します。指定したインデックス位置 (3) ではなく、リスト (1) の最初のインデックス位置で使用可能な値が返されます。

    Automation 360 動作: Automation 360は、指定されたインデックス位置で使用可能な値が返されます(上記の例では 3 が返されます)。

    移行されたの動作 botsEnterprise 11 bots このような式をリスト内の固定インデックスとともに使用し、指定 Automation 360 されたインデックス位置で使用可能な値を返すように移行されます。

  • リストに 10 個の項目があり、ループが 10 回以上実行されている場合 Enterprise 10 Enterprise 11 、または 10 回目以降のリストの最初の値を返します。
リスト変数:DLL 関数で受け入れられる入力タイプ
List 変数がから Enterprise 11 bot 別のタイプの DLL 関数に渡されると、 DLL 関数は次のような入力タイプを受け取ります。
  • uint16[] 、 Int16[] 、 Int32[] 、 Int64[] 、 Int[] 、 char[] 、 Single[] 、 Decimal[] 、 Float[] 、 Double[] 、 boolean[] 、 bol[] 、 Byte[] 、 String[] 、および DateTime[]
  • uint16 、 Int16 、 Int32 、 Int64 、 Int 、 char 、 single 、 decimal 、 float 、 double 、 Boolean 、 bool 、 Byte 、 String 、および DateTime
  • リスト <UInt16> 、リスト <Int16> 、リスト <Int32> 、リスト <Int64> 、リスト <Int> 、 リスト <Char> 、リスト <Single> 、リスト <Decimal> 、リスト <Float> 、リスト <Double>リスト <Boolean>、リスト <Bol> 、リスト <Byte> 、リスト <String> 、 リスト < 日時 >
  • uint16[,] 、 Int16[,] 、 Int32[,] 、 Int64[,] 、 Int[,] 、 char[,] 、 Single[,] 、 Decimal[,] 、 Float[,] 、 Double[,] 、 boolean[,] 、 bol[,] 、 Byte[,] 、 String[,] 、および DateTime[,]

    参照:List package

ランダム( Random )

このセクションでは 、ランダム 変数をに移行する方法について説明 Automation 360します。場合によっては、移行の前後に何らかのアクションを実行したり、いくつかのことを確認したりする必要があります。

サブタイプ " ランダム文字列 "
サブタイプ String の Random 変数がある場合、移行プロセスは String パッケージの Generate random string アクションを追加して 、 If 条件の上にランダムな文字列を生成し、その値をで移行されたそれぞれの変数に割り当てます Automation 360
サブタイプ「乱数」
サブタイプ 番号のランダム変数がある場合、移行プロセスは Number パッケージの Assign a random number アクションを追加して 、 If 条件の上にランダムな文字列を生成し、その値をで移行されたそれぞれの変数に割り当て Automation 360ます。

このセクションでは 、に値 を移行する方法について説明 Automation 360します。場合によっては、移行の前後に何らかのアクションを実行したり、いくつかのことを確認したりする必要があります。

サブタイプ " 値 "
これらの変数 Automation 360は、数値、ブール値、または日時値が含まれている場合でも、常に文字列型として移行されます。では、必要 Automation 360 に応じて式を使用して文字列を他の型に変換します。
サブタイプ " テキストファイルから読み取り "
bot 移行中に実行の整合性を維持するため に、ファイルの読み取りによって宣言された変数が呼び出されます。この場合、文字列パッケージの n 文字列をテキストファイルからインポート( Import string from text file )アクションが、移行されるアクションのすぐ上に追加されます。
詳細はこちら
Bots 変数内の値型変数を使用する変数は、に移行でき Automation 360ます。 Enterprise 11 bots Insert Keystrokes コマンド内の変数内で変数を使用する場合は action 、の評価値 String package が移行済みに追加されます bot

参照:String package || Number package Boolean package 日付時刻 package

システム変数

場合 Automation 360によっては、エラー行番号、エラーの説明、 OS 名などのシステム変数がで異なる値を返します。Bots 意思決定や文字列操作でこれらの変数を使用するには、移行後にレビューが必要です。

ループ内で使用される一部のシステム変数は、移行後のループ内のユーザ定義変数です。場合によって botは、ユーザー定義変数を移行するには、いくつかの構成が必要になることがあります。

一部のシステム変数は、のアクションとして移行さ Automation 360れます。これらのアクションは、これらの変数を使用するアクションのすぐ上に追加されます。

次のシステム変数のインデックス位置に変数が定義されている場合 bots は、移行プロセスで変数にインデックスまたは列名が含まれているかどうかを判断できなかったため、移行されたを解決する必要がある場合があります。これを解決しないと、 bot はレコード ランタイムエラーでキーが見つかりませんを返す場合があります。移行プロセスでは、変数の値は名前として扱われますが、インデックスの場合は、それに応じて変更する必要があります。
  • $ ファイルデータ列 $
  • $ データセット列 $
  • $XML データノード $
  • $ Excel 列 $

次の表に、さまざまなシステム変数とその移行方法について説明 Automation 360します。一部の変数はアクションの一部であり、アクションになるものもあります。また、一部はシステム変数と呼ばれますが、構文は変更されます。

システム変数 への移行方法 Automation 360
$ 日 $ $System: Day$ in になります Automation 360
$ 月 $ $System: Month $in になります Automation 360
$ 年 $ $System: Year$ in になります Automation 360
$ 日付 $ $System: 日付 $IN になります Automation 360

Enterprise 11 またはの変数に設定された日付形式 Enterprise 10 bot、 AADefaultDateFormat グローバル値に格納されます。

$ 時間 $ $System: Hour$ in になります Automation 360
$ 分 $ $System: Minute$ in になります Automation 360
$ クリップボード $ $System: Clipboard$ in になります Automation 360
$ マシン $ $System: Machine$ in になります Automation 360
$ ミリ秒 $ $System: MiliSecond$in になります Automation 360
$ArrayColumns($arrayVariable$)$ 次の式になります Automation 360$arrayVariable.DataTable:columnCount$
$ArrayRows($arrayVariable$)$ 次の式になります Automation 360$arrayVariable.DataTable:rowCount$
$AAControlRoom$ $System:AAControlRoom$ in になります Automation 360
$RAMUsage$ $System:RAMUsage$ in になります Automation 360
$TotalRAM$ $System:TotalRAM$ in になります Automation 360
$OSName$ Enterprise 10 または Enterprise 11 、 Microsoft Windows 10 Pro 64 ビット の値を返します。で Automation 360は、この変数は $System:OSName$ になり 、 Windows 10 64 ビットを返します。
$CPUUsage$ $System:CPUUSage$ in になります Automation 360
$ カウンタ $ このシステム変数はでは推奨されていませ Automation 360ん。移行プロセス bot botでは、ユーザー定義の変数タイプ番号が作成され、が 11.x と同じ出力を提供するように変更されます。

ループ内で $Counter$ 変数を使用した場合 bot 、移行プロセスは、移行されたの変数を $condition-Counter$ 変数に置き換え、その値を 1 に設定します。

$ データセット列 $ このシステム変数は 、ループ内の SQL クエリデータセットイテレータの各行のの一部になりました。ループ内に新しい変数が作成 され、 $Dataset column$ が存在する場合はループ内で使用されます。

変数がループの外部で使用されている場合 、変数はレコードタイプのユーザー定義変数に変換され、レコードアクションに割り当てられます。これにより、ソースレコード変数の値を宛先レコード変数に割り当てることができます。したがって bots 、この変数を含む移行済みを実行すると、最後の行のデータが表示されます。

$ Excel 列 $ このシステム変数は 、ループ内のワークシートイテレータの各行のの一部になりました。ループ内に新しい変数が作成 され、 $Excel 列 $ が存在する場合はループ内で使用されます。

変数がループの外部で使用されている場合 、変数はレコードタイプのユーザー定義変数に変換され、レコードアクションに割り当てられます。これにより、ソースレコード変数の値を宛先レコード変数に割り当てることができます。したがって bots 、この変数を含む移行済みを実行すると、最後の行のデータが表示されます。

$Extension$ および $filename$ これらのシステム変数は 、ループのフォルダイテレータ内の各ファイルので使用されました。ただし、で Automation 360は、拡張子とファイル名を取得するためにディクショナリタイプ変数が使用されます。この変数は、それぞれ「拡張子」と「名前」キー名で取得できます。

Loop package

$ 電子メール $

$ からの電子メール

$ メールメッセージ $

$ 電子メール受信日 $

$ 電子メール受信時刻 $

$ 電子メールの件名 $

$ に電子メールを送信します

$ 電子メール送信日 $

$ 電子メール送信時間 $

これらのシステム変数は 、 for each mail in mail box iterator of Loop 内で使用されました。で Automation 360は、ディクショナリタイプ変数を使用して、それぞれのキーで取得できるすべての電子メール値を取得します。

を参照 E メール プロパティでディクショナリ変数を使用してください

$ ファイルデータ列 $ このシステム変数は 、ループ内の CSV/TXT イテレータの各行のの一部になりました。ループ内に新しい変数が作成 され、 $Filedata 列 $ が存在する場合はループ内で使用されます。

変数がループの外部で使用されている場合 、変数はレコードタイプのユーザー定義変数に変換され、レコードアクションに割り当てられます。これにより、ソースレコード変数の値を宛先レコード変数に割り当てることができます。したがって bots 、この変数を含む移行済みを実行すると、最後の行のデータが表示されます。

$FolderName$ このシステム変数は 、ループのフォルダイテレータ内の各フォルダの内で使用されます。で Automation 360は、値はループで指定された文字列変数に返されます。
$ Excel セル行 $ このシステム変数は 、の Excel パッケージの行番号取得アクションに移行 Automation 360 され、使用されているアクションのすぐ上に追加されます。
$ Excel セルの列 $ このシステム変数は 、の Excel パッケージの Get Column Name アクションに移行 Automation 360 され、使用されるアクションのすぐ上に追加されます。
Enterprise 10/Enterprise 11 アクティブセルがループ内の列 A ( 列 F10 など ) でない場合でも、 $Excel セルの列 $ の最初の列 ( 列 A など ) を返します。で Automation 360は、同じ設定でアクティブセル(たとえば、列 F10 )が返されます。上記の動作が変更される使用例を以下に示します。
  • Excel は 、 10 行を含む [ 次を含む ] ヘッダーがオンまたはオフになって開かれます。
  • アクティブセルを F10 に設定します
  • 行の読み取りにループが実行されます
  • $Excel セル列 $ のメッセージボックス を挿入します
  • を実行します bot
Action required: 動作の違いを考慮 botsすると、いくつかの変更が必要になる場合があります。
$ Excel セル $ このシステム変数は 、の Excel パッケージの Get Cell Address アクションに移行 Automation 360 され、使用されるアクションのすぐ上に追加されます。
$AATaskExecutor$ このシステム変数は $AATaskExecutor$ および $AATaskInvoker$ in になり Automation 360ます。
Enterprise 11は、この変数は、タスクの呼び出し側と実行側に関するさまざまな値を返します(例えば、呼び出し側の名前、姓、電子メールアドレス、ユーザー名)。で Automation 360 は、 $AATaskInvoker$ 変数は次の値を返します。
  • invoker_Username
  • invoker_FirstName
  • invoker_LastName
  • 請求者の電子メール
$AATaskExecutor$ 変数は、次の値を返します。
  • Executor_Username
  • Executor_FirstName
  • Executor_LastName
  • Executor_Email
  • Executor_Type
$AATaskName$ このシステム変数は $System.AATaskName$ in になり Automation 360ます。

Enterprise 10/ でEnterprise 11は、この変数 は値をコンピュータのパスディレクトリに返します(例: Automation Anywhere\My Tasks\My Folder\My Folder2\AATaskName.atmx )。で Automation 360は、に bot 相対するパスの値を返し Control Room ます( BOTS/AATaskName など)。

Action required: 返される値がバージョン間で異なることを考慮 botsすると、いくつかの値を変更する必要がある場合があります。
$AAApplicationPath$ Enterprise 11 特定:この Enterprise 11 システム変数は、 「クライアントアプリケーションと呼ば」れるものの Tool> オプション設定でユーザーが設定したパスを返します。で Automation 360は、変数はグローバル値になります。移行プロセスでは、この変更が自動的にマッピング Enterprise 11 され、の各ユーザーの値セットがグローバル値変数 @AAApplicationPath にコピーされます。
注: Enterprise 11 Enterprise 11 のインストール時に復元されたデータベースを使用した場合、移行中にシステム変数が自動的にグローバル値としてマッピング Automation 360されるため、の操作は必要ありません。

Enterprise 10 特定:この Enterprise 10 システム変数は Automation 360 、グローバル値としてに自動的に移行しないため、移行後に何らかのアクションが必要になります。

Action required:
  • Enterprise 10 ユーザーは で AAApplicationPath グローバル値を作成 Automation 360Enterprise 10 、パスで更新する必要があります。このアップデート bot Automation 360 により、でを実行するときに、 AAApplicationPath フォルダーの値がユーザーごとに一意に解決されるようになります。

    例: Enterprise 10 AAApplicationPath のパス値D:\john.Doe\My Documents\Automation Anywhere Files の場合 Automation 360 は、で AAApplicationPath グローバル値を作成し、このパスで更新する必要があります。

  • AAApplicationPath グローバル値を作成するときは、 [ 変更可能 ] オプションが選択されていることを確認します。Bot Creators 移行 Bot Runners を実行する前 botsに、 AAAplationPath グローバル値の値を設定する必要があります。

を参照 グローバル値してください

$AAInstallationPath$ このシステム変数は $System:AAInstallationPath$ in になり Automation 360ます。

Enterprise 10/Enterprise 11 動作: Enterprise Client インストールパスを返し ます ( 例 : C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere\Enterprise\Client) 。

Automation 360 動作: Bot agent インストールパスを返し ます(例: C:\Program Files\Automation Anywhere\Bot Agent )。

Action required: 返される値がバージョン間で異なることを考慮 botsすると、いくつかの値を変更する必要がある場合があります。
$ 現在のディレクトリ $ このシステム変数はでは非推奨 Automation 360 になり、移行中に自動的にユーザー定義変数に変換されます。変数の値は > 、フォルダr 内の各ファイルおよび フォルダ内の各フォルダに対して、ループ( Loop )で定義された値に従って設定されます。
$ 日付 $ このシステム変数は $System:Date$ in になり Automation 360ます。

Enterprise 10 および Enterprise 11 動作: $Date$ 変数は、 AA.Settings.xml ファイルで指定された形式で現在の日付と時刻を返します。

Automation 360 動作: $System:Date$ 変数は 日付 / 時刻型の値を返し ます。ユーザはアクションを使用して文字列型に変更する必要があります。ユーザーへの影響を最小限に抑えるために、移行プロセスでは $Date$ インスタンスごとに次の処理が行われます。

  • String 型の一時変数 $SystemDateInString$ を作成します。
  • DateTime パッケージの ToString アクションを追加 して、 $System:Date$ をカスタマー形式が "mm/dd/yyyy HH:mm:ss" の文字列に変換し、出力を上記の文字列変数に保存します。
  • $Date$ が 使用されている場所でこの文字列変数を使用します。
  • 上記の手順は 、 $Date$ の出現ごとに繰り返されます。

bot の設定によっては、日付 / 時刻の設定を更新する必要があります。

Action required: bot 日付の形式が mm/dd/yyyy HH:MM:SS でない場合は、を変更します。

$ エラー行番号 $

$ エラーの説明 $

Enterprise 10 またはで Enterprise 11は、これらのシステム変数は エラー処理 コマンドの後に使用されます。で Automation 360、値は catch アクションで指定されたユーザー定義変数に返されます。

$PDFFilename$

$PDFTitle$

$PDFAuthor$

$PDFSubject$

Enterprise 10 またはで Enterprise 11は、 これらのシステム変数は PDF コマンドの後に使用されました。で Automation 360は、辞書型変数を使用して、それぞれのキーで取得できるすべての PDF 値を取得します。すべての PDF アクションは、対応する PDF 値を持つこの Dictionary 変数を返します。

を参照 PDF プロパティのディクショナリ変数の使用してください

$ システム $ Enterprise 11 またはで Enterprise 10は、このシステム変数を使用して、デバイスの設定とパフォーマンスに関する情報を取得します。で Automation 360 action System package は、の GET 環境変数が使用されます。

を参照 System packageの環境変数してください

$WorkItem$
  • $WorkItem$ は文字列です:そのまま移行されます。
  • $WorkItem$ は Number です
    • 番号を表示またはロギングしている場合、番号は String に変更されます
    • 数値として表示されている場合は、数値型として移行します
  • $WorkItem$ は日付 / 時刻です:そのまま移行されますが、移行されたパッケージではエラーが発生するため、パッケージを移行できません。
注: DateTime 型の場合、パッケージを移行することはできませ bot ん。そのため、関連付けられたパッケージは別の時点で移行する必要があります。
$ トリガー値 $ の $TriggerValue$ になり Automation 360ます。 Enterprise 11 bots この変数を使用するには、次のタスクを実行して、移行 bots を正常に実行します。
  • Automation 360 で使用されたすべてのトリガーに対して、で同等のトリガーを作成 Enterprise 11 botsします。

    のトリガーの出力 Automation 360 は、レコードタイプ変数に格納されます。

  • 適切 bots なアクションを使用して、トリガからの出力を含むレコード変数の値を $TriggerValue$ 変数に割り当てるように、移行したを更新します。

    たとえば、電子メールトリガのレコード変数から $TriggerValue$ 変数にホストとポートキーを割り当てる場合は、 $EmailTriggerData(host)$$EmailTriggerData(port)$ 式を使用します。同様に、ファイルの場所を取得するには、 $FileTriggerData(file)$ 式を使用し、フォルダの場所を取得するには、 $FolderTriggerData(fromFolder)$ 式を使用します。

$ テーブル列 $ このシステム変数は 、ループ内のテーブルイテレータの各行ののの一部になりました。ループ内に新しい変数が作成 され、 $Table 列 $ が存在する場合はループ内で使用されます。

変数がループの外部で使用されている場合 、変数はレコードタイプのユーザー定義変数に変換され、レコードアクションに割り当てられます。これにより、ソースレコード変数の値を宛先レコード変数に割り当てることができます。したがって bots 、この変数を含む移行済みを実行すると、最後の行のデータが表示されます。

$XML データノード $ このシステム変数は 、 For Each node in XML dataset iterator of Loop内で使用されます。で Automation 360は、値はループで指定された文字列変数に返されます。

変数がループの外部で使用されている場合 、変数は文字列タイプのユーザー定義変数に変換され、レコードアクションに割り当てられます。これにより、ソースレコード変数の値を宛先レコード変数に割り当てることができます。したがって bots 、この変数を含む移行済みを実行すると、最後の行のデータが表示されます。

クレデンシャル変数

Enterprise 10 およびの Username フィールドと Password フィールドに使用されるクレデンシャル変数 Enterprise 11、のクレデンシャル変数として移行 Automation 360されます。

移行方法は Enterprise 10 、とで異なり Enterprise 11ます。

Enterprise 10 クレデンシャルの移行方法については、のクレデンシャルに関するセクション Enterprise 10 データのコピー方法 Automation 360を参照してください。

[Username] フィールドと [Password] フィールド以外のフィールドで使用されるクレデンシャル変数は 、グローバル値として移行されます。これらのフィールドには、ホスト名、ポート番号などが含まれます。移行されるグローバル値の構文は次のとおりです。<credentialname>_ <AttributeName>。たとえば、で Enterprise 11 は、属性 hostname を持つクレデンシャル FtpConnectionFtpConnection_hostname として移行されます。

次の表に、 packages actions から Enterprise 11 へのクレデンシャル変数の移行をサポートするおよびについての情報を示し Automation 360ます。

Package Actions
Active Directory
  • ユーザーを作成および変更します
  • グループを作成および変更します
  • オブジェクトを作成および修正します
  • 検索
  • プロパティを取得します
Database
  • 接続文字列で接続します
  • ユーザー名
  • パスワード
Email Automation
  • ホスト名
  • ユーザー名
  • パスワード
Excel スプレッドシートを開きます
FTP / SFTP 接続します
Insert Keystrokes クレデンシャルの使用を必要とするすべてのキーストローク
Legacy Automation [Web コントロールの管理 ] アクションでテキストを設定します
Manage Window Controls
  • テキストを設定します
  • テキストを追加
PDF
  • PDF から画像へ
  • フォームフィールドを抽出します
  • テキストを抽出します
  • ドキュメントの分割、暗号化、および復号化
PGP
  • ファイルの暗号化と復号化
  • キーを作成します
Recorder
  • テキストを設定します
  • テキストを追加
注: Object Cloning キャプチャアクションとしてコマンドから移行しました。
REST Web Service
  • URI
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ヘッダー
  • 操作パラメータ
注: ドメイン名はグローバル値として移行されます。
SOAP Web Service
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ヘッダー
  • 操作パラメータ
  • 生データパラメータ
Terminal Emulator
  • ユーザおよびキーファイル認証オプションを使用した SSH2 の接続コマンド
  • テキスト送信( Send Text )
  • フィールドを設定します
Web Recorder Set Text 関数と Append Text 関数を使用して Web コントロールを管理します
フィードバックを送る