Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation Anywhere Robotic Interface の使用を開始

  • 更新済み: 1/28/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • AARI
    • 概要

Automation Anywhere Robotic Interface の使用を開始

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI) は、人間と bots 間の緊密なコラボレーションを可能にし、新しい bot 創造体験を創出します。

概要:

AARI では、ユーザーがビジネス要件に対応するプロセス ワークフローを設計できます。これらのプロセスは、人間と bot のタスクが組み込まれたプロセス エディターで作成されます。このプロセスでは、フォーム、すなわち、人間と bot のインタラクションを可能にし、パラメーターを定義し、サポートされている UI 要素を Web インターフェースにレンダリングするためのコンポーネントが必要です。

Web インターフェースの場合、AARI のユーザー ライセンスを持つ作成者は、プロセス インスタンス (ケース) のプロセス ワークフローを使用してタスクを実行するリクエストを作成できます。管理者ロールを持つユーザーは、チェックイン済みの公開プロセスを表示し、チームにマネージャーを割り当てることができます。マネージャーのロールを持つユーザーは、割り当てられたプロセスを表示し、他の作成者やチームを管理できます。

AARI へのアクセス

Control Room 管理者は、AARI ユーザーが Web 上で AARI にアクセスし、ケースおよびタスク管理アクティビティを実行できるように、ユーザー ライセンスを割り当てます。管理者と作成者にはこのライセンスが必要です。

Automation 360 のライセンス

管理者、マネージャー、ユーザーのロールの割り当て

Control Room 管理者は、ユーザーに次のロールを割り当てます。

管理者
すべてのプロセス、マネージャー、ユーザー、チームを表示する権限をユーザーに提供します。次の操作を実行することができます。
  • グローバル チーム管理: チームおよび割り当てられたユーザーの表示、チームの名前と説明の編集、チームへのプロセス、マネージャー、ユーザーの追加を行います。ただし、チームを作成することはできません。
  • グローバル プロセス管理: チェックイン済みの公開プロセスおよび割り当てられたマネージャーとチームの表示、プロセス タグの編集、マネージャーおよびチームの割り当てを行います。ただし、プロセスを作成することはできません。
  • グローバル ケース管理: プロセス リクエストとタスクを表示します。ただし、リクエストの作成やタスクの送信はできません。
マネージャー
ユーザーにチーム オーナーになる権限を与えます。チーム オーナーは次の操作を実行できます。
  • チーム管理: チームを作成および表示し、チームの名前、説明、およびプロセス タグを編集し、チーム、チーム メンバー、および割り当てられたプロセスを追加します。
  • ケース管理: チームに割り当てられたプロセスからリクエストを作成し、表示します。また、チームには割り当てたが、チームには割り当てなかったプロセスも含みます。
  • タスク管理: チームに割り当てられたプロセスからタスクを送信し、表示します。
ユーザー
作成者は、プロセス エディターにアクセスして、bots、フォーム、プロセス リクエストを作成できます。作成者は次の操作を実行できます。
  • ケース管理: チームに割り当てられたプロセスからリクエストを作成し、表示します。
  • タスク管理: チームに割り当てられたプロセスからタスクを送信し、表示します。

システム ロール

フィードバックを送る