Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Web 上の AARI デバイス プールの構成

  • 更新済み: 1/07/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • AARI
    • プロセス フロー

Web 上の AARI デバイス プールの構成

AARI で使用するデバイス プールは、Control Room で構成できます。

前提条件

Control Room でカスタム ロールを作成する必要があります。

  1. Control RoomControl Room 管理者としてログインします。
  2. [管理] > [ロール] の順に移動します。
  3. カスタム ロールを作成します (例: AARI-pool-scheduler)。

    ロールを作成して割り当てる

    1. [マイ Bot を表示] および [マイ Bot を実行] に権限を設定します。
    2. [実行するアカウント名] セクションで、Unattended ユーザーを選択します。
    3. [ユーザー] セクションで、AARI 管理者ユーザーと Unattended ユーザーを選択します。
    4. 変更内容を保存します。
  4. ユーザー(たとえば、AARI-scheduler-user)を作成し、カスタム役割(AARI-pool-scheduler)をこのユーザーに割り当てます。

手順

Control Room でデバイス プールを作成し、Web 上で AARI のデバイス プールを構成するには、次の手順に従います。

  1. Control RoomAARI 管理者としてログインします。
    AARI 管理者は、Control Room でデバイス プールを作成できます。
  2. [デバイス] > [マイ デバイス プール] の順に移動します。
  3. デバイス プールを作成します (例: AARI-pool)。
    注: デバイス プールの所有者は AARI 管理者です。Web 上で AARI を構成するには、少なくとも 1 つのデバイス プールが必要です。
  4. [デバイス プール コンシューマー] でカスタム ロール ([AARI-pool-scheduler]) を選択します。
  5. 変更内容を保存します。
  6. 構成ページをクリックして、Web インターフェイスに移動します。
  7. [編集] をクリックします。
  8. ユーザー名(例:AARI-scheduler-user)を入力し、[Authorize(承認)]をクリックします。
    AARI このプロセスでは、デバイス プールを使用し、各Bot Runners導入に対してこのユーザーに対して無人bot構成を行います。
フィードバックを送る