Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アクションから値を返す

  • 更新済み: 1/07/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

アクションから値を返す

CommandPkg で以下のプロパティを設定し、変数にアクションの出力を保存できます。

アクションの戻り値

return_type
アクションの戻り値を定義します。通常は、エントリ メソッドの戻り値の型と一致します。
return_required
true に設定した場合は、戻り値が必要です。
return_label
変数に値を保存するよう求める場合の UI ラベル。
@BotCommand
@CommandPkg(label = "Uppercase", name = "uppercase", description="Converts the source string to upper case.", 
icon = "uppercase.svg", node_label="Convert {{sourceString}} to upper case| and assign the result to {{returnTo}}|", 
return_type=DataType.STRING, return_required = true, return_label="Assign the output to variable",
property_name="uppercase", property_description="Converts the string to upper case", property_type=DataType.STRING, 
property_return_type=DataType.STRING) public class UpperCase {
 
    @Execute
    public Value<String> convert(
            @Idx(index = "1", type=TEXT)
            @Pkg(label="Source string")
            @NotEmpty
            String sourceString){
        return new StringValue(sourceString.toUpperCase());
    }
}
}
フィードバックを送る