Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Java プロジェクトの設定

  • 更新済み: 1/05/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

Java プロジェクトの設定

Automation Anywhere カスタム注釈を含む Java の統合開発環境 (IDE) を設定し、Control Room にアップロードできるアクション パッケージを開発できるようにします。

前提条件

アクション パッケージを正常に構築するには、Java と Gradle の実用的な知識が必要です。以下のソフトウェアとファイルが必要です。

Automation Anywhere アクション パッケージを作成する正しい環境のために、IDE の初期セットアップは重要です。
重要: 表示された前提条件は、このパッケージ開発キットに含まれるすべてのサンプル コードと手順に使用する推奨事項です。

手順

  1. IDE からアクセスできるフォルダーに関連するサンプルの ZIP ファイルのコンテンツを抽出します。
  2. Gradle プロジェクトとして、任意の java IDE にコンテンツをインポートします。
  3. settings.gradle を編集し、ルート プロジェクトを意味のある名前に変更します。
    ヒント: settings.gradle ファイルは A2019DemoPackage.zip ファイルに含まれています。
  4. src > main > resources > package.template に移動し、パッケージ名と関連情報を意味のある名前と内容に変更します。
    元の package.template 更新された package.template
    {
      "name": "A2019DemoPackage",
      "label": "A2019DemoPackage",
      "description": "Provides actions for 
                      A2019DemoPackage operations.",
      "group": "",
      "artifactName": "",
      "packageVersion": "",
      "codeVersion": "",
      "commands": []
    }
    {
      "name": "YourPackageName",
      "label": "Appropriate label",
      "description": "Meaningful description for the actions 
                      contained in the package.",
      "group": "",
      "artifactName": "",
      "packageVersion": "",
      "codeVersion": "",
      "commands": []
    }
    ヒント: パッケージ テンプレート ファイルは、以下の名前と package のラベルを制御します。
    • "name" は、JAR ファイル名です。
      パッケージ ファイルの命名規則:
      • スペースの使用不可
      • 特殊文字の使用不可
    • "lable" は、Control Room の [アクション] パネルに表示されます。
フィードバックを送る