Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アクションをプロパティとして公開する

  • 更新済み: 4/03/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

アクションをプロパティとして公開する

アクションがパラメーターを承諾しない場合に、プロパティとして公開できます。これは、CommandPkg の以下のプロパティを設定して実行できます。

Action プロパティ値

property_name
プロパティの名前は、アクションレベルで一意であり、自動完了ボックスに表示されます。
property_description
プロパティの説明。
property_type
プロパティの動作するデータ タイプは、一致する場合のみ自動完了ボックスに表示されます。
property_return_type
プロパティの返すものに対するデータ タイプ このタイプがフィールド タイプに一致しない場合、検証エラーとなります。
@BotCommand
@CommandPkg(label = "Uppercase", name = "uppercase", description="Converts the source string to upper case.", 
icon = "uppercase.svg", node_label="Convert {{sourceString}} to upper case| and assign the result to {{returnTo}}|", 
return_type=DataType.STRING, return_required = true, return_label="Assign the output to variable", 
property_name="uppercase", property_description="Converts the string to upper case", property_type=DataType.STRING, 
property_return_type=DataType.STRING) public class UpperCase {
 
    @Execute
    public Value<String> convert(
            @Idx(index = "1", type=TEXT)
            @Pkg(label="Source string")
            @NotEmpty
            String sourceString){
        return new StringValue(sourceString.toUpperCase());
    }
}
フィードバックを送る