Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

作成と関数の注釈

  • 更新済み: 12/15/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

作成と関数の注釈

利用可能な作成と関数の注釈

注釈 説明
BotCommand タイプが、アクション として処理されるようにします。3 つのタイプのアクション commandType プロパティを定義できます。
  • Command\Action
  • 条件
  • 反復子
  • @BotCommand(commandType = BotCommand.CommandType.Iterator)
  • @BotCommand(commandType = Condition)
CommandPkg タイプがアクション package.json に作成されるようにします。この注釈は BotCommand と一緒に使用する必要があります。

Pkg は、この注釈が存在する場合にのみアクティビティに参加します。

例:
@CommandPkg(label = "Create", name = "createFile", 
description = "Creates a file", node_label = "{{filePath}}", 
icon = "file.svg")
ConditionTest 条件の実行に参加します。

この注釈は、BotCommandcommandTypeCondition と設定されている場合にのみ使用できます。

タイプ上で BotCommand 注釈が存在する場合、メソッドは 1 つしか使用できません。そうでない場合は、コンパイルが失敗します。

実行 BotCommand の実行に参加します。タイプ上で BotCommand 注釈が存在する場合、メソッドは 1 つしか使用できません。そうでない場合は、コンパイルが失敗します。
例:
@Execute public void create( @Idx(index = "1", type = FILE) @LocalFile @Pkg(label = 
"File", description = "e.g. C:\\MyDoc\\MyFile.doc") @NotEmpty String filePath, 
@Idx(index = "2", type = CHECKBOX) @Pkg(label = "Overwrite an existing file") 
@NotEmpty Boolean isOverwrite) { createFile(filePath, isOverwrite); }
GlobalSessionContext メンバー変数にのみ適用でき、セッターから GlobalSessionContext を取得します。
例:
@com.automationanywhere.commandsdk.annotations.GlobalSessionContext
    private GlobalSessionContext globalSessionContext;

    public void setSessionMap(Map < String, Object > sessionMap) {
     this.sessionMap = sessionMap;
    }

    public void setGlobalSessionContext(com.automationanywhere.bot.service.GlobalSessionContext globalSessionContext) {
     this.globalSessionContext = globalSessionContext;
    }
HasNext 反復子の実行に参加します。

この注釈は、BotCommand が commandType セットを Iterator としている場合にのみ使用できます。

Next 注釈を必要とします。

タイプ上で BotCommand 注釈が存在する場合、メソッドは 1 つしか使用できません。そうでない場合は、コンパイルが失敗します。

Idx 階層の注釈エレメントの部分がコードとリソースの生成に使用できるようにします。この注釈がない場合、BotCommand 関連のエレメントの注釈は処理されません。
Idx.Option

オプションで、エレメントが階層で再生されますが、親に値を渡しません。

例:
  • RADIO
    @Idx(index = "1", type = RADIO, options = {
        @Idx.Option(index = "1.1", pkg = @Pkg(node_label = "[[Delay.delayType.1.1.node_label]]", label = "[[Delay.delayType.1.1.label]]", value = REGULAR)),
        @Idx.Option(index = "1.2", pkg = @Pkg(node_label = "[[Delay.delayType.1.2.node_label]]", label = "[[Delay.delayType.1.2.label]]", value = RANDOM))
    })
    @Pkg(label = "[[Delay.delayType.label]]", default_value = "REGULAR", default_value_type = DataType.STRING)
    @Inject
    private String delayType;
  • SELECT
    @Idx(index = "2", type = SELECT, options = {
    @Idx.Option(index = "2.1", pkg = @Pkg(label = "[[LaunchWebsite.browser.2.1.label]]", value = "DEFAULT")),
    @Idx.Option(index = "2.2", pkg = @Pkg(label = "[[LaunchWebsite.browser.2.2.label]]", value = "INTERNET_EXPLORER")),
    @Idx.Option(index = "2.3", pkg = @Pkg(label = "[[LaunchWebsite.browser.2.3.label]]", value = "FIREFOX")),
    @Idx.Option(index = "2.4", pkg = @Pkg(label = "[[LaunchWebsite.browser.2.4.label]]", value = "CHROME"))
    }) @Pkg(label = "[[LaunchWebsite.browser.label]]", default_value = "DEFAULT", default_value_type = DataType.STRING) @NotEmptyStringbrowser)
Inject エレメントが注釈のタイプのオブジェクトにインジェクションできるようになります。インジェクションは、セッターに基づいており、タイプの対応するセッターは mandatoryです。インジェクションされた値は、Idx からの名前を使用する BotCommand パラメーターを形成します。
Next Iteratorの実行に参加します。

この注釈は、BotCommandcommandTypeIterator に設定している場合にのみ使用できます。

HasNext 注釈を必要とします。

タイプ上で BotCommand 注釈が存在する場合、メソッドは 1 つしか使用できません。そうでない場合は、コンパイルが失敗します。

Pkg エレメントが package.json の作成に参加するようにします。Idx が存在しない場合、この注釈は無視されます。
フィードバックを送る