Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デフォルト データベース ポートの構成

  • 更新済み: 6/02/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

デフォルト データベース ポートの構成

Control Room をインストールするときにデフォルトのポート 1433 を使用するように、SQL データベース サーバーの TCP/IP を構成して有効にします。

Microsoft SQL Server Configuration Manager から TCP/IP を有効にします。

手順

  1. SQL Server ブラウザ サービスがタスクマネージャーで実行されていることを確認します。
  2. SQL データベース サーバーのデフォルト ポートを設定するには、Microsoft SQL Server Configuration Manager を起動します。
  3. [ SQL Server ネットワーク構成] > [<SQL server instance> のプロトコル] の順に選択します。
  4. [<SQL server instance> のプロトコル] を右クリックして [開く] を選択すると、使用可能なプロトコルが表示されます。
  5. [TCP/IP] が有効になっていることを確認します。
  6. [TCP/IP] を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
    表示される [TCP/IP プロパティ] ウィンドウから、SQL データベースのデフォルト ポートを構成できます。
  7. [IP アドレス] タブを選択して、[IPAll] ノードのデフォルトの[TCPポート][1433] に更新します。
    指定されている場合は、[TCP 動的ポート] フィールドに表示される値を消去します。
  8. [OK] をクリックして確定し、ウィンドウを閉じます。
  9. [SQL Server サービス] オプションを選択して、[SQL Server <instance name>を再起動] をクリックします。
    これで、SQL データベース サーバーが構成され、Control Room でデフォルトのポートを使用できるようになります。
フィードバックを送る