Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Linux での Control Room のサイレント インストールの実行

  • 更新済み: 7/20/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Linux での Control Room のサイレント インストールの実行

無人インストールとも呼ばれる Control Room のサイレント インストールでは、ビジネス要件に固有のパラメーターを含むカスタム スクリプトを使用します。すべてのインストール プロセスがバックグラウンドで実行され、ユーザーによる操作が不要で、メッセージも表示されません。

前提条件

  • Automation 360 On-Premisesの前提条件 が完了していることを確認します。
  • 次のものがあることを確認します。
    • Automation Anywhere Control Room インストール ファイル
    • SSL 証明書
    • ライセンス ファイル
  • Yum 更新を使用して Linux カーネル ファイルおよび OS ライブラリを更新するために、インストール サーバーがインターネットにアクセスできることを確認します。インストール サーバーで /etc/yum.conf を構成して、ネットワークに対してローカルのリポジトリを使用することもできます。インストールを開始する前に、リポジトリを最新の状態にする必要があります。
Linux のサイレント インストールを実行するスクリプトが 2 つあります。
  • LinuxInstaller.sh: このスクリプトには、インストール時に適用するインストール パラメーターが含まれています。
  • CallLinuxScript.sh: このスクリプトは最初のスクリプトを実行します。
インストール パラメーターとサンプル スクリプトをご覧ください。

Linux シェルでスクリプトを実行します。

手順

  1. パラメーターを確認し、必要な設定を特定します。
    Control Room インストール パラメーター
    インストール パラメーター 説明 スクリプト応答オプション
    Proceed with Installation インストーラーはシステムを分析し、前提条件を満たさない場合は通知します。サイレント モードでは、値を 1 に設定します。 1 = 続行

    2 = キャンセル

    Continue setup wizard インストーラーは、最初の画面を表示し、前のステップに戻って (back) インストールをキャンセルするために終了 (quit) するオプションを提供します。

    デフォルトは Enter です。

    \n
    Advance to end of License Agreement コンソール モードでは、ライセンス契約を参照するオプションがあります。サイレント モードでは、0 を選択して終了に進みます。 0
    Accept License Agreement インストールを続行するために使用許諾契約に同意します。サイレント モードでは、値を Y に設定します。 Y = はい

    N = いいえ

    Control Room HTTP Port HTTP を使用して Control Room にアクセスするときに使用する Web サーバー ポート。デフォルト値は 80 です。

    別のポートを使用するには、サンプル スクリプトの番号 80 を置き換えます。

    80 = デフォルト ポート

    yy = ポート番号 yy

    Control Room HTTPS Port HTTPS を使用して Control Room にアクセスするときに使用する Web サーバー ポート。デフォルト値は 443 です。

    別のポートを使用するには、サンプル スクリプトの番号 443 を置き換えます。

    443 = デフォルト ポート

    zzz = ポート番号 zzz

    TLS configuration: Self-Signed Certificate 自己署名証明書を有効または無効にします。デフォルトは有効または 1 です。 1 = デフォルト (有効)

    2 = 無効

    TLS Configuration: Force HTTP traffic to HTTPS HTTP から HTTPS へのトラフィックの強制を無効または有効にすることを選択します。デフォルトは無効です。 1 = デフォルト (無効)

    2 = 有効

    Cluster setup クラスタリングを有効または無効にするかを選択します。デフォルトは無効です。 1 = デフォルト (無効)

    2 = 有効

    Database server URL server1.yourcompany.com データベースが存在するサーバーの URL を入力します。
    Database server port デフォルトは 1433 1433
    Database name デフォルトは localhost です。 デフォルトは localhost です。データベースが別のサーバー上にある場合は、ホスト名を入力します。
    Database SA user name データベース システム管理者ログイン ID デフォルトは sa です。
    Database SA user password データベース システム管理者ログイン ID システム管理者ユーザーとしてデータベースにログインするためのパスワード。
    Database Secure Connection 接続を無効にするか有効にするかを選択します。デフォルトは無効 (1) です。 1 = デフォルト (無効)

    2 = 有効

    Pre-Installation summary 出力がコンソールに送信されると、選択した機能の概要と前提条件が満たされているかどうかがインストーラーに表示されます。デフォルトは Enter です。 \n
    Proceed 確認して、インストールを続行します。デフォルトは Enter です。 \n
  2. 独自の環境の値の代わりに LinuxInstaller.sh というスクリプトを作成します。
    警告: SQL Server への接続をテストし、データベース名、データベース管理者ログイン ID、データベース管理者パスワードに検証済みの値を入力します。無効な値を使用すると、スクリプトが停止して失敗します。

    スクリプトの例:
    echo "Starting Installation"
    #Change the next two lines to match the install filename you downloaded
    sudo chmod a+x AutomationAnywhereEnterprise_A2019_el7_4799.bin 
    sudo ./AutomationAnywhereEnterprise_A2019_el7_4799.bin  << EOF
    1
    \n
    0
    Y
    80
    443
    1
    1
    1
    #Change the next line to your Automation Anywhere install server
    mybotserver.mycompany.com
    1433
    #Replace next line with your database name
    AAE-Database
    #Change the next two lines to your SQL Server admin ID and password
    admin
    youradminpasswordhere
    1
    \n
    \n
    \n
    EOF
  3. Linuxinstaller.sh を実行するスクリプト CallLinuxscript.sh を作成します。
    このスクリプトは、インストール結果を /home/Installlog に書き込みます。必要に応じて、インストール ログ ファイルのパスを変更します。
    echo "Starting Linux installation"
    sudo ./LinuxInstaller.sh >> /home/Installlog
    echo "Installation Completed Successfully"
  4. 管理者としてログインしているインストール サーバーで、スクリプトを実行します。
    1. $ sudo chmod a+x LinuxInstaller.sh
    2. $ sudo chmod a+x CallLinuxscript.sh
    3. $ sudo ./CallLinuxscript.sh
  5. インストール ログを確認して、エラーがないことを確認します。
    注: デフォルトでは、Linux の Control Room のインストール フォルダーは/opt/automationanywhere/enterprise です。

次のステップ

手順「インストール後の設定を構成する」から続行します。

Linux への Control Room のインストール.

フィードバックを送る