Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Microsoft Azure でのインストール後の設定の構成

  • 更新済み: 11/20/2019
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Microsoft Azure でのインストール後の設定の構成

Control Room のインストールが完了したら、 Microsoft Azure Portal を使用してクラスターを構成します。Azure Portal を使用して、Windows 資格情報、Control Room のリポジトリと URL の設定、Credential Vault のマスター キー、Active Directory 認証、SMTP 設定 (オプション) などを構成します。

前提条件

Microsoft Azure での Control Room インストールのカスタマイズ」のインストール手順をまだ実行していない場合は、実行します。
注: 可能なシステム設定と要件は多くあります。これらのインストール手順は、これらすべての可能性を考慮していないため、特定のセットアップとインストール手順は異なり、Automation Anywhere は、これらの手順が特定の構成に準拠していることを保証するものではありません。

手順

  1. SMB ファイル共有が設定されている Azure Portal から、接続文字列を取得して次のパラメーターを確認します。
    • インターネットアドレスまたはネットワークアドレス
    • ユーザー名
    • パスワード
  2. Control Room サーバーで Windows 資格情報マネージャーに移動し、Windows 資格情報の追加 をクリックします。
  3. 資格情報を入力します。
    注: クラスター環境 (Control Room、Client およびデバイス) でのテストに使用するすべてのサーバーの Windows 資格情報マネージャーで、ユーザーの追加を繰り返す必要があります。
  4. 情報を入力し、[保存して続行] をクリックします。

    リポジトリ パスが SMB ファイル共有から抽出され、Control Room アクセス URL にはロード バランサーのパブリック IP が指定されています。

  5. マスター キーをコピーして保存します (サービスの再起動時に必要となります)。
  6. エクスプレス モードを選択し、[保存して続行] をクリックします。
  7. URL、ドメイン ユーザー名、パスワードなど、Active Directory 認証の構成情報を入力し、接続をチェック をクリックします。設定が正しい場合は、次へ ボタンをクリックします。
  8. 既存の AD ユーザーを入力し、Active Directory で名前を確認 をクリックします。確認したら、[保存してログイン] をクリックします。
    必要に応じて追加のユーザーを作成し、対応するユーザーをControl Roomで作成します。
  9. オプション: クラスターで他の Control Room ノードのインストールを続行します。
  10. SMTP の登録を行います。
    注: 展開で使用できるように、実際の SSL 証明書を使用することをお勧めします。

    これで Microsoft Azure での Control Room のインストールは完了です。

次のステップ

Control Room 設定と検証を完了します。
  • Control Room インストール後の設定の完了

    Control Room をインストールした後で、確実にタイムリーな Automation Anywhere 通信を実現し、Automation Anywhere サービスが実行するように構成設定を完了します。

  • インストール後のユーザー管理

    インストール後のタスクを完了した後、Control Room にログインしてセットアップを検証します。Control Room に最初にアクセスする際は、認証のために設定をガイドします。

  • ユーザー管理

    管理者権限を持つ Cloud ユーザーの場合、ユーザーを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー作成ステップは、ユーザーが非 Active Directory ユーザー、Active Directory ユーザー、または IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) ユーザーかどうかによって異なります。

フィードバックを送る