Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

プライマリ サイトとセカンダリ サイト間でデータを複製

  • 更新済み: 12/01/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

プライマリ サイトとセカンダリ サイト間でデータを複製

プライマリ サイトとセカンダリ サイト間でデータを複製します。このプロセスには、Microsoft SQL Server Management Studio の発行者モデルと加入者モデルを使用したデータベース レプリケーション、Windows 分散ファイル システム (DFS) を使用したサーバー リポジトリ レプリケーション、およびElasticsearch(監査ログ)データのバックアップが含まれます。

前提条件

Automation Anywhere Enterprise をインストールする前に、セカンダリ サイトが設定されていることを確認してください。

災害復旧に使用するセカンダリ サイトのデータベースと共有リポジトリを構成します。バックアップ クラスタをセットアップして Elasticsearch データをバックアップします。

手順

  1. Microsoft SQL Server Management Studio の発行者モデルおよび加入者モデルを使用して、プライマリ サイトからセカンダリ サイトにデータベースを複製します
    Recommendations:
    • データベースのレプリケーションには、Microsoft SQL Server開発者またはエンタープライズ エディションを使用します。

      発行者と加入者のバージョンは同じである必要があります。または、2 つのバージョン間のギャップは、2 つのリリース以下にする必要があります。たとえばMicrosoft SQL Server、2019 年の加入者には Microsoft SQL Server 2012 年の発行者を使用しないでください。

    • データ共有のレイテンシを回避するために、同じマシン上で発行者とディストリビュータを設定します。

      たとえば 200GB を超えるデータの負荷の分散には、異なるマシンのみを使用します。

    1. プライマリ データベースに接続し、ローカル出版物のスナップショット出版物を作成します。
    2. テーブルとビューを記事として追加します。
    3. スナップショット エージェント オプションを使用して、スナップショットを作成し、サブスクリプションの初期化に使用できるスナップショットを維持します。
    4. スナップショット エージェントをスケジュール設定して、定期的にデータをバックアップします (たとえば、午前 12 時から午後 11:59:59まで 10 秒ごとに)。
    5. スナップショット エージェントを実行するアカウントを選択するには、セキュリティとエージェントの設定を構成します。
    6. 出版物オプションを追加します。
    7. 発行者とデータベース名が正しいことを確認した後、すべてのエージェントとディストリビュータを実行します。
    8. 加入者をローカル加入に追加するには、データベース サーバーに接続し、セカンダリ サイトのデータベースの接続用の詳細を指定します。
    詳しい手順は、Database Mirroring and Replication (SQL Server) を参照してください。
  2. プライマリ サイトからセカンダリ サイトに、Windows 分散ファイル システム (DFS) を使用してリポジトリ (bots およびデータ ファイル)を複製します
    1. 共有リポジトリが保存されているマシンで、分散ファイル システムを開きます。
    2. レプリケーション グループ メンバーを追加するには、新しい多目的レプリケーション グループを作成します。
      グループ メンバーには、プライマリ サイトのソース マシンと、共有リポジトリをストアするセカンダリ サイトのデスティネーション マシンが含まれます。
    3. 10 台未満のサーバーで構成される DFS レプリケーション グループには、フル メッシュ オプションを使用します。
    4. データを継続的に複製するには、フル帯域幅オプションを使用します。
    5. リポジトリを構成するマシンーをプライマリ メンバーとして追加します。
    6. デスティネーション マシンから共有リポジトリのバックアップ フォルダーを追加します。
    7. データがデスティネーション マシンのバックアップ フォルダーに複製されていることを確認します。
    詳しい手順は、Distributed File System Replication を参照してください。
  3. Control Room プライマリ サイトのセカンダリ サイト クラスタの IP アドレスを追加して、Elasticsearch(監査ログ) データをバックアップします
    詳しい手順は、Elasticsearch IP アドレス用の災害復旧サイトの構成 を参照してください。

次のステップ

災害が発生した場合は、災害復旧 フェールオーバーの実行
フィードバックを送る