Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

災害復旧導入

  • 更新済み: 6/10/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

災害復旧導入

災害復旧 (DR) 導入モデルでは、地理的に分散された高可用性 (HA) クラスターを使用します。

災害復旧 (DR) は、2 つの高可用性 (HA) データセンターを地理的に離して構成する方法です。プライマリ サイトで局部的な災害が発生した場合に、物理的に離れたセカンダリ サイトにあるデータセンターが最小限のダウンタイムで機能を再開できます。

Recommendation: 3 ノード構成は、2 ノード クラスターでのスプリットブレイン問題の回避に役立ち、かつノード認証およびトランスポート レイヤー セキュリティ (TLS) 機能を使用してセキュリティを強化できるので、プライマリおよびセカンダリ災害復旧サイトの Control Room クラスターでは、3 つ以上のノードの使用が推奨されます。

次の図は、Automation Anywhere および災害復旧用に設定されたプライマリおよびセカンダリ サイトの 3 ノードのデータ センター クラスター コンポーネントを示しています。Control Room コンポーネントはオレンジ色で表示され、組織が提供するデータ センター コンポーネントは青色で表示されています。災害復旧のための HA

メリット
  • データセンターの停止や損失に直面した際に、事業継続性が確保されます。
  • 重要なビジネス データを保護し守ります。
  • 情報セキュリティのコンプライアンスを確保します。
デメリット
  • 運用上の負担が増えます。
フィードバックを送る