Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

高可用性導入

  • 更新済み: 6/10/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

高可用性導入

高可用性 (HA) 導入モデルは、分散ロード バランサーを使用して、Control Room のサーバー、サービス、データベースに耐障害性を提供します。

Automation 360 の復元性の要件に基づいて、次の展開オプションから選択します。
シングル/1 ノード
この導入モデルは、データ センターで構成された Control Room ノードが 1 つだけの場合、高可用性とは見なされません。
3 ノード
この導入モデルは、3 つの Control Room ノードがデータ センター クラスターで構成されている場合、完全に高可用性と見なされます。これは、一度に 1 つのノード障害をサポートするため、最低限必要な導入モデルです。

Automation 360 では、2 つのノードで構成されるクラスターをマルチマスター モードと呼びます。マルチマスター モードでは、不整合をマージできますが、クラスターに多数派が存在しないためにトランザクションを解決できずに、データの不整合が発生する (スプリットブレイン状態になる) 可能性があります。スプリットブレイン状態は、遅延などのネットワークの問題によって発生する可能性がある、クラスタリング システムの既知の制限事項です。

3 ノード構成は、2 ノード クラスターでのスプリットブレイン問題の回避に役立ちます。また、ノード認証およびトランスポート レイヤー セキュリティ (TLS) 機能を使用してセキュリティを強化できます。

Automation 360 は、監査ログ メッセージやアプリケーション ログなど、分散オペレーション メッセージ ストレージ用の Elasticsearch を使用します。Elasticsearch は、高速クエリ、アナリティクス、および冗長性とフェイルセーフ運用のための分散クラスター構成をサポートします。

次の図は、データ センター クラスター内の 3 ノードの Automation Anywhere とデータ センター コンポーネントを示しています。Control Room コンポーネントはオレンジ色で表示され、組織が提供するデータ センター コンポーネントは青色で表示されています。

高可用性 (HA) 導入モデル

この例では、Control Room サーバーと Microsoft SQL Server に HA の冗長性があります。

  • 複数のユーザーが、Web ブラウザを介して Control Room クラスターにアクセスできます。Web ブラウザは、ロード バランサーを介して Control Room クラスターと通信します。

    高可用性クラスター構成

  • 複数のデバイスがロード バランサーを介して Control Room クラスターと通信します。これには、外部アプリケーションからの API 呼び出しも含まれます。
  • Control Room クラスターからのサーバー メッセージ ブロック (SMB) ファイル共有と Microsoft SQL Server の保管データです。
  • Microsoft SQL Server は、クラスタ化された Microsoft SQL Server に対してレプリケーション同期を介した冗長性を使用します。
重要: Automation Anywhere はストレッチ クラスターをサポートしていません。
  • すべての HA クラスター ノードが同じ場所に構成されていることを確認します。さまざまなサイトに配置されている単一の HA クラスター内にノードを構成しないでください。プライマリ サイトで HA クラスターを 1 つ構成し、セカンダリ サイトでもう 1 つの HA クラスターを構成します。
  • Control RoomIQ Bot は、両方のアプリケーション間の通信を確保するために、同じデータセンターで構成する必要があります。
利点
単一のデータ センターで障害が発生した場合に可用性を維持します。
欠点
データ センターが停止した場合には保護を提供しません。
ユース ケース
複数サイトの災害復旧を必要としない中小規模のビジネスです。
フィードバックを送る