Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation Anywhere Enterprise 導入モデル

  • 更新済み: 12/01/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace
    • 概要

Automation Anywhere Enterprise 導入モデル

Automation Anywhere Enterprise は、さまざまなレベルのエンタープライズにおける費用対効果と復元性の要件を満たす複数の導入オプションを提供します。これには、単一のノードでのインストール、Highly Available (HA) クラスターと災害復旧 (DR) サイトが含まれています。

計画

導入モデルを選ぶ前に、重要な要件を特定します。最良の結果を得るには、Automation Anywhere のロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) 開発、テスト、実稼働環境全体で同じオペレーティング システムを導入します。少なくとも、テストや実稼働環境ではまったく同じ OS を使用します。

導入モデル

ハイレベルでは、Automation Anywhere の導入またはインストールには 3 つの方法があります。それぞれ、お客様の事業継続性の要件によって異なります。

単一ノード導入
単一ノード構成では、1つのサーバーまたはマシン上でControl Roomのみホストされます。
高可用性導入
高可用性 (HA) 導入モデルは、分散ロード バランサーを使用して、Control Room のサーバー、サービス、データベースに耐障害性を提供します。
災害復旧導入
災害復旧 (DR) 導入モデルでは、地理的に分散された高可用性 (HA) クラスターを使用します。
フィードバックを送る