Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

セットアップ インストールの概要

  • 更新済み: 11/02/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

セットアップ インストールの概要

Control Room インストーラーから プログラムのインストール準備完了 ウィザード ページに進みます。インストール ウィザードのこのステージでは、インストール ウィザードを完了し、インストール プロセスを監視します。

手順

  1. [次へ] をクリックします。

    [プログラムのインストール準備完了] スクリーンが表示されます。

  2. インストールをクリックし、インストールプロセスを完了させます。
    [InstallShield ウィザードの完了] 画面が表示されます。
  3. [完了] をクリックします。
    デフォルトでAutomation Anywhereの起動が有効になっています。
    Show installer settings を有効にして、aae-installsummary.html ファイルを開きます。デフォルトでは、このファイルは C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\ にあります。このファイルを使用して、インストールの概要を確認します。

次のステップ

Control Room 設定と検証を完了します。
  • Control Room インストール後の設定の完了

    Control Room をインストールした後で、確実にタイムリーな Automation Anywhere 通信を実現し、Automation Anywhere サービスが実行するように構成設定を完了します。

  • インストール後のユーザー管理

    インストール後のタスクを完了した後、Control Room にログインしてセットアップを検証します。Control Room に最初にアクセスする際は、認証のために設定をガイドします。

  • ユーザー管理

    管理者権限を持つ Cloud ユーザーの場合、ユーザーを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー作成ステップは、ユーザーが非 Active Directory ユーザー、Active Directory ユーザー、または IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) ユーザーかどうかによって異なります。

フィードバックを送る