Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room インストーラーを実行する

  • 更新済み: 6/09/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Control Room インストーラーを実行する

インストーラーを実行してオペレーティング システムおよびハードウェア要件を確認し、導入オプションを選択してライセンス契約に同意し、インストール ファイル パスを選択します。

手順

カスタム モードで Automation Anywhere Control Room をインストールするには、次の手順に従います。

  1. インストーラー ウィザードを開始します。
    1. AutomationAnywhere_Setup.zip ファイルからすべてのファイルを抽出します。
    2. AutomationAnywhere.exe ファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
    インストール プロセスで、SQL データベース サーバー インスタンスに Automation360-Database という名前の Control Room データベースが作成されます。
    注: SQL データベース サーバーが、Control Room のサーバーとは別のサーバーにインストールされていることを確認します。
    インストール プロセスは、サポートされているオペレーティング システムと推奨されるハードウェア要件をチェックします。要件が満たされていない場合、次のメッセージが表示されます。
    このシステムは、Automation Anywhere Enterprise をインストールするためのすべての最小要件を満たしていません。 
    インストール後、一部の機能が予想どおりに機能しないことがあります。詳細については、「Control Room のインストールの前提条件」を参照してください。 
    詳細については、「Automation 360 On-Premisesの前提条件」をご覧ください。
  2. [オンプレミス] 導入タイプを選択し、[次へ] をクリックします。
    On-Premises 導入タイプでは、Control RoomBotsおよびファイルがサーバーにインストールされます。
    [クラウド有効化済み] 導入タイプでは、bots およびファイルなどのすべてのデータがサーバーにインストールされます。Control Room の管理機能は、Cloud を通じて提供されます。
  3. 使用許諾契約に同意して [次へ] をクリックします。
  4. [カスタム] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。
    [保存先フォルダー] ページが表示されます。デフォルトでは、保存先フォルダーは C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\ です。
  5. 保存先フォルダーを変更するには、[変更] をクリックし、新しい保存先フォルダー名を入力して、[OK] をクリックします。
    Recommendation: アプリケーションをルート ディレクトリ (C:\) に直接インストールしないでください。次のような、フォルダーを作成する必要があります: C:\Program Files\Automation Anywhere\Automation360\
  6. [次へ] をクリックします。
フィードバックを送る