Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

インストール後の Google Cloud Platform 設定の構成

  • 更新済み: 11/05/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

インストール後の Google Cloud Platform 設定の構成

Control Room のインストール後、Google Cloud Platform で必要な設定を構成します。

前提条件

Google Cloud Platform で Control Room のカスタムインストールを実行」のインストール手順をまだ実行していない場合は、実行します。

手順

  1. 次の Control Room 設定を指定します。
    1. Google Cloud Platform ロード バランサーの URL を入力して、ホスト名 URL を指定します。
      これが、ユーザーが Control Room にアクセスするために使用する URL です。
    2. Active Directory の認証タイプを選択します。
  2. Control Room を構成したら、製品ライセンスをインストールします。
  3. Google Cloud Platform ロード バランサーの URL を使用して Control Room へのアクセスをテストします。

次のステップ

Control Room 設定と検証を完了します。
  • Control Room インストール後の設定の完了

    Control Room をインストールした後で、確実にタイムリーな Automation Anywhere 通信を実現し、Automation Anywhere サービスが実行するように構成設定を完了します。

  • インストール後のユーザー管理

    インストール後のタスクを完了した後、Control Room にログインしてセットアップを検証します。Control Room に最初にアクセスする際は、認証のために設定をガイドします。

  • ユーザー管理

    管理者権限を持つ Cloud ユーザーの場合、ユーザーを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー作成ステップは、ユーザーが非 Active Directory ユーザー、Active Directory ユーザー、または IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) ユーザーかどうかによって異なります。

フィードバックを送る