Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

HTTPS 自己署名証明書に対する Control Room の構成

  • 更新済み: 11/11/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

HTTPS 自己署名証明書に対する Control Room の構成

カスタム Control Room 構成の実行前または実行後に、自己署名証明書を使用した HTTPS モード用に Enterprise Control Room を構成します。

Control Room を自己署名証明書を使用した HTTPS モード用に構成するには、次の手順に従います。

手順

  1. Control Room アイコンをダブルクリックします。
    Control Room インスタンスが Microsoft Internet Explorer で起動します。
  2. Control Room の URL 設定とポートを HTTPS に、ポート番号を 443 に変更します。
    Web サイトのセキュリティに関する警告ページが表示されます。
  3. このサイトの閲覧を続行して Control Room にアクセスします。

次のステップ

Control Room 認証オプションを構成 に進みます。すでに構成している場合は、Control Room にログインします。
フィードバックを送る