Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ブラウザの要件

  • 更新済み: 6/02/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

ブラウザの要件

Control Room にアクセスするためのブラウザの要件を確認します。

Control Roomでサポートされているブラウザ

Doc correction: Chromium をベースにした以前の Microsoft Edge は、誤って認証済みブラウザとして記録されていました。これは現在は Control Room に対して認定されていません。Chromium をベースにした Microsoft Edge は、Universal Recorderを使用して Web アプリケーションが記録できることが保証されています。

Control Room には、次のブラウザを使用してアクセスできます。

ブラウザ バージョン
Google Chrome 57 以降
Microsoft Internet Explorer 11 年

bots を作成、編集、デプロイするには、サポートされているブラウザから登録済みデバイスで Control Room を開くことができます。ただし、Bot agent をインストールして登録するには、Google Chrome ブラウザで Control Room が開いていることを確認してください。

bot タスクでサポートされているブラウザ

Build 2545 以降のリリースでは、サポートされているブラウザですべての bot タスクを実行できます。

下表には、Build 2545 以前のビルドでサポートされていない特定の bot タスクが示されています。

Automation 360 バージョン Google Chrome Microsoft Internet Explorer

Cloud Build 2545

On-Premises Build 2545

Bot agent 3.3

bot のタスク bot のタスク

Build 2079 (Cloud)

On-Premises Build 2079

Bot agent 2.0.2

bot の全タスク (Credential Vault を除く) サポートされていません

Cloud Build 1598

On-Premises Build 1610

Bot agent 1.0.2

bot のタスク デバッガーのみ

Cloud Build 1082

On-Premises (Build 1089)

Bot agent 1.0.1

bot のタスク bot の全タスク (Credential Vault を除く)
フィードバックを送る