Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークロード キューを管理

  • 更新済み: 4/03/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

ワークロード キューを管理

ワークロードのメンテナンス タスク (自動化の一時停止、停止、または再開のキューの詳細の表示など) を行うために、キューの編集、キュー内の作業項目の管理、キューの削除を行います。

ワークロード メンテナンス タスク

ワークロード オートメーション メンテナンスでは、次の操作を (任意の順序で) 行います。
キューの詳細の表示
特定のキューの詳細を表示するには、[キューの詳細を表示] ページを使用します。
キューの編集
キューは、キュー リストまたは キューを表示 ページからの 2 通りの方法で編集できます。
キューの削除
選択したキューまたはすべてのキューを削除します。
Work Items の管理
キューの Work Items を管理してキュー処理の前に不一致を修正し、オートメーション関連のエラーを減らします。
フィードバックを送る