Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

作業項目を表示

  • 更新済み: 1/20/2021
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

作業項目を表示

[作業項目を表示] ページにステータスが完了、失敗、保留中、アクティブ、または データ エラー の作業項目を表示します。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

[Workload > Queues]ページから、1つのキューまたは複数のキューに対して、次のアクションを実行できます。
  • 削除: 作業項目が完全に削除されます。
  • タスクの終了: 作業項目が完了済みとしてマークされます。
  • [再処理]: 作業項目が新規状態としてマークされます。
  • 保留中: 作業項目が保留中としてマークされます。
注: 開始時間終了時間は、作業項目が処理されているときに表示されます。
表示編集、または処理するキューを選択します。

手順

  1. [ワークロード] > [キュー] の順に移動します。
  2. キューの [アクション] アイコンの上にカーソルを移動します。
  3. 表示 をクリックします。

次のステップ

作業項目を編集する

作業項目を削除する

フィードバックを送る