Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キューのオートメーションの表示

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

キューのオートメーションの表示

[進行中のアクティビティを表示] ページを使用して、選択したキューの自動化の詳細、[一時停止][再開]、または進行中の自動化の [停止] を表示します。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

必要な権限:
  1. AAE_Queue 管理者 ロール
  2. キュー コンシューマー または キュー参加者 権限
  3. 全員の進行中のアクティビティを管理 機能権限
[オートメーションを表示] ページには ワークロード モジュールからアクセスできますが、ページは アクティビティ モジュールから開きます。

手順

  1. [ワークロード] > [キュー] の順に移動します。
  2. ステータスが 使用中 のキューにカーソルを合わせます
  3. [アクション] メニュー (縦の楕円) をクリックし、[オートメーションを表示] を選択します。
    これにより、[アクティビティ] > [キュー付きの Bot を実行] > [表示] ページが開きます。
    • 次のようなキューの自動化の詳細を表示します。
      • Bot 名、パス、依存関係、および[TaskBot] タブで実行するために管理者権限が必要かどうか。
      • [キュー] タブでオートメーションの実行に使用されたキュー。
      • [別のユーザーとして実行] タブ内のユーザー名、デバイス、ユーザー ステータスなど、Bot Runner の詳細情報。
      • [デバイス プール] タブでオートメーションを実行するのに使用するデバイス プールの詳細。
      • [実行履歴] タブでアクティブ、失敗、保留中、または完了した処理の作業項目の数などの詳細。
    • 一時停止
      デバイス プール内の使用可能な Bot Runner を対象とした、このキューからの作業項目の配布が一時停止されます。
      注: このオートメーションを再開するまでは、ステータスが 実行準備完了 の作業項目が、このキューから処理のために送信されることはありません。
    • 再開

      このキューからの作業項目の配布が開始されます。

    • 停止

      このオートメーションに関連付けられたキューからの作業項目の配布が停止されます。

      [いいえ、キャンセルします] を選択して詳細ページに戻るか、[はい、停止します] を選択して作業項目の処理を停止し、[キュー] ページに戻ります。

    [一時停止] / [再開] または [停止] のアクションを [アクティビティ] > [進行中] ページから直接実行することはできないことに注意してください。これらのアクションに対しては、ワークロード > キュー > オートメーションを表示 アクションを使用します。

次のステップ

キューの編集
フィードバックを送る