Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キューを作成します

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

キューを作成します

オートメーション用に bot に送る必要のある特定のデータ セットを保持するキューを作成します。キューを作成するには、Control Room 管理者が AAE_Queue 管理者のロールに 自分のキューの表示と管理キューの作成すべてのキューの管理進行中のアクティビティの表示 権限を割り当てます。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

キューは、すべての作業項目が完了するまで処理されます。新しい作業項目がキューに追加されると、[再アクティブ化のしきい値] の値で、キューの処理を再開するために必要な最小数の新しい作業項目が指定されます。作業項目は、ステータスが [実行準備完了] の項目です。

キューを作成するには、キュー名、キューの所有者、参加者、コンシューマー、作業項目の構造などの詳細を指定します。

注: キューの下書きを作成 を選択し、後で残りの情報を追加できます。

手順

  1. [ワークロード] > [キュー] の順に移動します。
  2. [キューを作成] をクリックします。
  3. [名前] を入力します。
  4. オプション: 説明を入力します。
  5. キュー処理を再開する再アクティベーションしきい値を設定します。

    デフォルトのしきい値は 1 です。

  6. オプション: 1 つの作業項目を完了するために必要な平均時間を選択します:
    • 時間
  7. [次へ] をクリックします。

次のステップ

キュー所有者を追加する
フィードバックを送る