Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キューのコンシューマーの追加

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

キューのコンシューマーの追加

Control Room で定義されているさまざまなロールからキュー コンシューマーを追加します。このステップは任意です。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

Control Room からデバイスに Unattended Bot を導入するには、特定の必須チェックがあります。
  • Bot を導入するデバイスは、特定の Bot Runner アカウントのみのデフォルト デバイスとして設定する必要があります。
  • 必要な権限がすべて Bot Runner に付与されていることを確認します。
  • bot の導入時に、別のデバイスから [別のユーザーとして実行] 権限でデバイスにログインしているユーザーがいないことを確認します。
  • コンソールがデフォルトのデバイスで現在非アクティブになっていることを確認します。

キュー コンシューマーは、キューとキュー内のすべての作業項目を表示できます。さらに、bots Unattended (サーバーから実行を指示) でBot Runner を実行するためにこのキューを使用できます。

手順

  1. コンシューマー タブの 選択可能なロール リストからロールを選択します。
  2. 右矢印 () をクリックして、選択を追加します。
  3. [次へ] をクリックします。

次のステップ

Work Itemの構造体の定義
フィードバックを送る