Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

LDAP チャネル バインドの設定

  • 更新済み: 10/27/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

LDAP チャネル バインドの設定

Active Directoryおよびそのクライアント間のネットワーク通信におけるセキュリティ強化のため、Automation 360On-PremisesのLDAP チャネル バインドを設定します。この方法は、SSL および TLS でより安全な LDAP 認証を提供します。

必要な場合、um.propertiesファイルのチャネル バインドを有効にします。

手順

  1. Control Room のインストール パスに移動します。
  2. [設定]フォルダー内のファイルのリストから、XML エディターで um.propertiesファイルを開きます。
  3. um.properties ファイルにum.ldap.channel.binding.enabled プロパティを追加します。
    例:um.ldap.channel.binding.enabled=false
  4. チャネル バインドを有効にするには、値をtrueに変更します。
    デフォルト値はfalseで、チャネル バインドは無効になります。
    チャネル バインドは、サーバー側で有効な場合に有効になります。

    サーバー側でチャネル バインドを有効にする情報については、LDAP enforce channel binding registry entryを参照してください。

  5. ファイルを保存します。
フィードバックを送る