Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デバイス プールの削除

  • 更新済み: 11/13/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

デバイス プールの削除

エンティティの自動化目標を達成し、デバイス プールが不要になった場合は、Unattended(サーバーから実行を指示)Bot Runnersで構成されているデバイス プールを削除します。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

デバイス プールを削除するには、次の 2 つの方法があります。

  • 1 つのデバイス プールの削除
  • 複数またはすべてのデバイス プールの削除
ワークロード オートメーションに使用されているデバイス プールは削除できません。

手順

  1. [デバイス] > [マイ デバイス プール] の順に移動します。
  2. 削除するデバイス プールを選択します。
    削除するデバイスを選択するか、ヘッダーの [すべて選択] チェックボックスを選択してすべてのデバイス プールを選択します。
  3. デバイス プールの [アクション] アイコンの上にカーソルを移動します。
  4. [削除] をクリックします。
    必要に応じて、削除を確認またはキャンセルします。
フィードバックを送る