Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

プロキシを介した Bot agentとデバイスの接続

  • 更新済み: 12/09/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

プロキシを介した Bot agentとデバイスの接続

プロキシ設定が原因で Bot agentControl Room に接続できない場合は、このタスクのステップを完了して認証情報を追加します。

通常、認証プロキシの設定を変更すると、認証プロキシを追加したか認証プロキシの資格情報を変更したかにかかわらず、新しい資格情報を要求するプロンプトが Bot agentに表示されます。

手順

認証プロキシの認証情報を手動で追加または更新する必要がある場合は、以下の手順を完了してください。

  1. 管理者モードで Microsoft コマンド プロンプトを開きます。
  2. netsh winhttp show proxy」コマンドを実行して、プロキシ ステータスをリストします。
  3. コマンドが 直接アクセス を返す場合は、コマンド「netsh winhttp import proxy source = ie」を実行します。
  4. Bot agent を再起動します。
  5. Automation Anywhere 拡張機能が有効になっている Google Chrome ブラウザを開きます。
  6. ログアウトしてから、再度 Control Room にログインします。
    プロンプトが表示されたら、プロキシ資格情報を入力します。
  7. Control Room から、デバイスのステータスを確認し、接続していることを確認します。
フィードバックを送る