Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ファイル/フォルダー API の削除

  • 更新済み: 1/12/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

ファイル/フォルダー API の削除

この API を使用して、パブリックまたはプライベート ワークスペースからオブジェクト (bots、ファイル、またはフォルダー) を削除します。

前提条件

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
  • 認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。認証 API をご覧ください。
  • プライベート ワークスペースからbots、、ファイル、またはフォルダーを削除できます。パブリック ワークスペースからオブジェクトを削除するには、削除したいオブジェクトを含むフォルダーの 削除 bot権限を含むロールが割り当てられる必要があります。
  • フォルダーを削除する場合は、フォルダーが空であることを確認してください。空のフォルダーのみ削除できます。
  • ファイルまたはフォルダーを削除するには、オブジェクト ID を指定する必要があります。リポジトリ管理リスト API のいずれかを使用して、オブジェクト ID を取得します。リポジトリ管理リスト API の選択

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. DELETE メソッドとエンドポイント URL: <control_room_URL>/v2/repository/files/{id} を使用します。
    {id} は、削除するファイルまたはフォルダーのオブジェクト id です。
  3. リクエストを送信します。
    レスポンス本文: 正常にリクエストされると、次のメッセージが表示されます。
    204 Successful delete
    REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードの詳細は、API レスポンス コード を参照してください。
フィードバックを送る