Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行 journalid の検索方法

  • 更新済み: 1/12/2021
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

移行 journalid の検索方法

移行には複数の journalid を含めることができます。特定の移行 ID の結果リストのレスポンスで、journalid を見つけることができます。

このリクエストでは、ID 16 で移行の結果を検索しました。
<your_control_room_url>/v3/migration/16/results/list
リクエストは、各オブジェクト list 内の idjournalid として返しました。この例では、ID が 16 の移行に対して、30 と 31 の 2 つのジャーナル識別子があります。
{
    "page": {
        "offset": 0,
        "total": 2,
        "totalFilter": 2
    },
    "list": [
        {
            "sourceId": 12,
            "sourceName": "Dependency of IGN-23437.mbot",
            "sourcePath": "Automation Anywhere\\Bots\\My MetaBots\\Dependency of IGN-23437.mbot",
            "sourceType": "application/vnd.aa.mbot",
            "targetId": 0,
            "status": "FAILED",
            "reason": "The logic IGN-23437 has some commands or actions which are not yet supported for migration.",
            "selectedByUser": true,
            "userId": 9,
            "id": 30,
            "targetName": "",
            "targetPath": "",
            "targetType": ""
        },
        {
            "sourceId": 12,
            "sourceName": "Dependency of IGN-23437.mbot",
            "sourcePath": "Automation Anywhere\\Bots\\My MetaBots\\Dependency of IGN-23437.mbot",
            "sourceType": "application/vnd.aa.mbot",
            "targetId": 0,
            "status": "FAILED",
            "reason": "Migration of MetaBot failed.",
            "selectedByUser": false,
            "userId": 9,
            "id": 31,
            "targetName": "",
            "targetPath": "",
            "targetType": ""
        }
    ]
}
アクション マッピング リクエストで移行 ID とジャーナル ID を使用できます。
<your_control_room_url>/v3/migration/16/journal/31/actionmappings/list
フィードバックを送る