Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

資格情報コンテナー API ワークフロー

  • 更新済み: 1/31/2021
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

資格情報コンテナー API ワークフロー

資格情報とロッカーを管理 機能権限を持つ Control Room ユーザーには、Credential Vault の API を使用して Control Room で属性、資格情報、lockers を管理するオプションがあります。

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。

デフォルトでは、すべてのユーザーが資格情報を作成できます。現在のユーザーは自分が作成した資格情報の所有者になります。資格情報の所有者は、資格情報の所有権を更新、削除、転送することができます。

組織用に Credential Vault を設定

ロッカー管理者として次のステップを実行して locker と資格情報を設定してから、資格情報を locker に割り当てます。また、最初に資格情報を設定してから、locker を構成することもできます。

資格情報の管理

基本ユーザーとして認証して、自分がアクセス権を持つ資格情報のリストを取得し、値を特定の属性に割り当てます。

  1. ユーザーの認証

    [POST] メソッドを使用して認証 JSON Web トークンを生成します。

  2. 資格情報 API のリスト
  3. ユーザー提供の資格情報 API に属性値を割り当てる
フィードバックを送る