Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot および Bot 資格情報の権限

  • 更新済み: 11/23/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

Bot および Bot 資格情報の権限

bots の管理用機能と bots が使用する資格情報へのアクセスを可能にします。

Bots 権限

権限 ID アクション リソースタイプ 説明
29 表示

repositorymanager

ユーザーは、自分が作成した bots と自分に割り当てられた bots を表示できます。
注: その他の bots 権限を割り当てる前に、この権限を割り当てる必要があります。
7. 実行

repositorymanager

ユーザーは、自分が作成した bots と自分に割り当てられた bots を実行できます。
31 エクスポート repositorymanager ユーザーは、ダウンロード権限のある bots および関連する bot の依存関係をエクスポートすることができます。
32 インポート repositorymanager ユーザーは、アップロード権限を持つ bots および bot の依存関係をインポートすることができます。
54 createfolders repositorymanager ユーザーは、自分がアクセスできるフォルダー内にフォルダーを作成できます。
55 renamefolders repositorymanager ユーザーは、自分がアクセスできるフォルダーの名前を変更できます。
注: 名前は空のフォルダーのみ変更できます。
1158 cancelcheckout repositorymanager ユーザーは、bot チェックアウトをキャンセルし、パブリック リポジトリからファイルをロック解除できます。

資格情報と lockers 権限

権限 ID アクション リソースタイプ 説明
59

managecredentials

資格情報

ユーザーは、自分の資格情報を作成、編集、削除できます。また、自分に割り当てられた lockers の資格情報を操作できます。
注: すべてのロールには、デフォルトでこの権限があります。
26%

作成

ロッカー

ユーザーは、自分の lockers を作成して管理できます。
61

createstandard

credentialattribute

ユーザーは、資格情報の標準属性を作成できます。標準属性は、その資格情報に関してすべてのユーザー間で共有されます。
64

updateany

credentialattributevalue

ユーザーは、その他のユーザーに属する属性を表示および編集できます。
46

botautologinapi

credentialattributevalue

リモートで bots を実行するためのログイン プロセスを自動化できます。
注: AAE_Locker Admin ロールを持つユーザーは、Control Room 内のすべての資格情報とロッカーを表示できます。「システムによって作成されるロール」をご覧ください。
フィードバックを送る