Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot Insight 監査証跡データの取得

  • 更新済み: 6/30/2020
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

Bot Insight 監査証跡データの取得

AAE_Admin ロールまたは 全員の監査ログアクションを表示 権限を持つカスタム ロールを持つユーザーは、この API を使用して Control Room イベントに関する情報を取得できます。

GET <control_room_URL>/v2/botinsight/data/api/getaudittraildata
表 1. クエリ パラメーター
パラメーター 説明 タイプ 必須 注記
pageno データの取得元となるページ番号。 整数 オプション
limit

情報が取得される部品の数を指定します。たとえば、制限を 2500 と指定して、合計 10,000 件のレコードを取得する場合は、次のようになります。

0 ページは 1~2500 を返します

1 ページは 2501~5000 を返します

2 ページは 5001~7500 を返します

3 ページは 7501~10000 を返します

整数 オプション
fromDate データを取得する期間の開始日。このパラメーターを入力しない場合、API は利用可能なすべてのデータを返します。 日付 オプション フォーマット yyyy-mm-ddThh:mm:ss
toDate データを取得する期間の終了日。 日付 オプション デフォルト: 現在の日付

フォーマット yyyy-mm-ddThh:mm:ss

表 2. ヘッダー:
ヘッダー名
X-Authorization <authentication_token>

認証 API

サンプル出力

{
  "totalRecords": 0,
  "auditTrailDataList": [
    {
      "activityType": "string",
      "createdBy": "Unknown Type: intger",
      "createdOn": "string",
      "detail": "string",
      "environmentName": "string",
      "eventDescription": "string",
      "hostName": "string",
      "id": "string",
      "objectName": "string",
      "requestId": "string",
      "source": "string",
      "status": "string",
      "userName": "string"
    }
  ]
}
フィードバックを送る