Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

リポジトリ管理 API

  • 更新済み: 1/25/2021
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

リポジトリ管理 API

リポジトリ管理 API を使用して、 に関する情報を返すか、Control Room でアクセスする権限を持つオブジェクト (bots、フォルダー、およびファイル) を削除します。

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
Automation 360 リポジトリは、bots (.atmx) のフォルダーとその依存関係ファイルを含む、プライベートおよびパブリック ワークスペースで構成されます。プライベート ワークスペースには、ログインしたユーザーのみがアクセスできるオブジェクトが格納されています。プライベート ワークスペース内の Bots は、そのユーザーのデバイスにおいてのみ実行できます。パブリック ワークスペースには、必要な権限を持つすべてのユーザーがアクセスできるオブジェクトがあります。bot をプライベート ワークスペースからパブリック ワークスペースにチェックインすると、他のユーザーがプライベート ワークスペースにチェックアウトして編集や Bot Runner へのデプロイを行えます。
注:
  • プライベート ワークスペースでオブジェクトを表示するには、Bot Creator[マイ Bot の表示] 機能権限を含むライセンスとロールが必要です。
  • パブリック ワークスペースでオブジェクトを表示するには、パブリック ワークスペースのフォルダーに対する [マイ ボットを表示] 機能権限と [コンテンツを表示] bot 権限を含むロールが割り当てられている必要があります。

リポジトリ管理リスト API の選択

次のリポジトリ管理 API は、ユーザーのロールによって付与されたアクセス権に基づいて、オブジェクト (bots、ファイル、およびフォルダー) に関する情報を返します。

サポートされているフィルター可能フィールド

レスポンス データを絞り込むには、リスト API のリクエスト本文で次のフィルタを使用します。

createdBy
フォルダーまたは bot を作成したユーザーの数値識別子。
{
  "operator": "eq",
  "field": "createdBy",
  "value": "2587"
}
folder
この例では、フォルダーのみを検索します。値を「false」に設定して、bots およびファイルのみを検索します。
{
  "operator": "eq",
  "field": "folder",
  "value": "true"
}
name
この例では、Finance または finance という名前のオブジェクトを検索します。この検索では大文字と小文字は区別されません。
  • フィールド: name
  • タイプ: string
{
  "filter": {
    "operator": "eq",
    "value": "finance",
    "field": "name"
  }
}
パス
この例では、path パラメーターの文字列 Finance を含むオブジェクトを検索しています。この検索では大文字と小文字は区別されません。
  • フィールド: path
  • タイプ: string
{
  "filter": {
    "operator": "substring",
    "value": "Finance",
    "field": "path"
  }
}
フィードバックを送る