Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

新規ユーザー API を作成

  • 更新済み: 1/28/2021
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

新規ユーザー API を作成

Control Room で新規ユーザーを作成するには、ユーザーの作成 API を使用します。

前提条件

ユーザーとロールの表示と管理

次の管理権限を持つユーザーによる認証:

ユーザーを表示
これらの権限を持つユーザーは、ユーザーを作成して管理できます。これらは管理者の権限です。管理者以外のユーザーには、ユーザーの作成および管理について限定的な権限を与えることが推奨されます。ユーザーに割り当てることができる限定的な権限を持つロールを作成する方法を学びます。
ユーザーを作成
Control Room で新しいユーザーを作成します。
ユーザーを編集
他の管理者が作成したユーザーを含め、Control Room 内のすべてのユーザーを編集します。
ユーザーを削除
Control Room のどのユーザーも削除することができます。
ロールを表示

この権限を持つユーザーは、自分がアクセス権を持つロールを表示できます。

ロールを管理

ユーザーは、自分がアクセス権を持つロールを作成、編集、削除できます。

ライセンスを表示

これらの権限を持つユーザーは、デバイス ライセンスを表示して管理できます。ユーザーが特定のタスクを実行できるようにするには、デバイス ライセンスが必要です。たとえば、Bot Creatorsbots を作成するには、[開発] デバイス ライセンスが必要です。

ユーザーのデバイス ライセンスを管理

この権限を持つユーザーは、他のユーザーにデバイス ライセンスを割り当てることができます。

最小必須パラメータ
  • ロール: 各ユーザーには、少なくとも 1 つのロールが必要です。

    ロール ベースのアクセシビリティにより、関連するデータとアクションへの適切なアクセスが可能になります。

    リクエスト本文で、この権限 AAE_Basic (ID: 2) を割り当てました。

    ロールおよび権限

  • username: 文字列 (最大 255 文字)
  • email: 標準 E メール形式に準拠する必要があります (username@domain.com)
  • パスワード: 文字列: 長さ 8~15 文字。使用可能な文字: a-z、A-Z、0-9、@、-、_、!、#、$、%、&、および . (ピリオド)
パラメーター (任意)
  • "enableAutoLogin": true
  • "username": "AnyUser"
  • "firstName": "Tester"
  • "lastName": "Writer"
  • "email": "username@mydomain.com"
  • "password": "anypassword"
  • "description": "Testing User Management APIs"
  • "licenseFeatures": [ DEVELOPMENT, RUNTIME, IQBOTRUNTIME, ANALYTICSCLIENT, ANALYTICSAPI ]

    ユーザーは、デバイス ライセンスを割り当てられていなくても作成できます。特定のユーザーおよびロールの権限が有効になっている ロールおよび権限 があります。

  • URL: http://<your_control_room_url>/v1/usermanagement/users

    角括弧内のコンテンツを Control Room の URL に置き換えます。

  • メソッド: POST
  • API をテストするには、Control Room と一緒にインストールされた Swagger を使用します。利用可能な API は http://<your_control_room_url>/swagger/ で参照できます。
  • また、REST Client を使用してこのタスクを完了することもできます。

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
  2. POST メソッドとエンドポイント URL: <your_control_room_url>/v1/usermanagement/users
  3. リクエスト本文で、必須および任意パラメーターを追加します。
    SAML ベースのシングル サインオン (SSO) または Active Directory (AD )アクセスの場合、パスワードは必要ありません。データベース認証にはパスワードが必須です。

    リクエスト本文:

    {
     {
      "roles": [
        {
          "id": 2
        }
      ],
      "domain": "string",
      "email": "ad@ma.com",
      "enableAutoLogin": true,
      "username": "mdadmin1",
      "firstName": "MDadmin2",
      "lastName": "ADadmin",
      "description": "string",
      "disabled": true,
      "password": "changeme",
      "licenseFeatures": [
        "DEVELOPMENT"
      ]
    }
    
  4. リクエストを送信します。
    レスポンス本文:
    {
        "id": 2075,
        "username": "mdadmin1",
        "domain": "string",
        "firstName": "MDadmin2",
        "lastName": "ADadmin",
        "version": 0,
        "principalId": 2075,
        "deleted": false,
        "roles": [
            {
                "name": "AAE_Basic",
                "id": 2,
                "version": 0
            }
        ],
        "sysAssignedRoles": [],
        "groupNames": [],
        "permissions": [
            {
                "id": 7526,
                "action": "viewuserrolebasicinfo",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "usermanagement"
            },
            {
                "id": 7,
                "action": "run",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "repositorymanager"
            },
            {
                "id": 94,
                "action": "view",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "botstore"
            },
            {
                "id": 61,
                "action": "createstandard",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "credentialattribute"
            },
            {
                "id": 92,
                "action": "view",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "packagemanager"
            },
            {
                "id": 97,
                "action": "register",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "devices"
            },
            {
                "id": 29,
                "action": "view",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "repositorymanager"
            },
            {
                "id": 120,
                "action": "view",
                "resourceId": null,
                "resourceType": "dashboard"
            }
        ],
        "licenseFeatures": [
            "DEVELOPMENT"
        ],
        "emailVerified": false,
        "passwordSet": false,
        "questionsSet": false,
        "enableAutoLogin": true,
        "disabled": true,
        "clientRegistered": false,
        "description": "string",
        "createdBy": 1513,
        "createdOn": "2020-11-20T20:17:26Z",
        "updatedBy": 1513,
        "updatedOn": "2020-11-20T20:17:26Z",
        "publicKey": null,
        "appType": null,
        "routingName": null,
        "appUrl": null,
        "email": "ad@ma.com"
    }
    REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。レスポンス コードの詳細は、API レスポンス コード を参照してください。
フィードバックを送る